Skip To Content

データベース ビューの作成 (Create Database View) (データ管理)

概要

SQL 式を使用してデータベースにビューを作成します。

使用法

  • ビューの定義に使用する SQL 式は、ツールの実行時にデータベースによって整合チェックされます。このため、ビュー定義の構文が有効かどうかは、使用されているデータベースによって判断されます。構文が正しくない場合は、エラー メッセージが返されます。

  • このツールのサポート対象となるのは、データベースとエンタープライズ ジオデータベースです。ファイルおよびパーソナル ジオデータベースはサポートされません。

  • このツールを使用してエンタープライズ ジオデータベースに作成されたビューは、ジオデータベースに登録されません。

  • ビューに空間列が含まれている場合は、その列のジオメトリ格納タイプをバイナリ ジオメトリ格納タイプではなく、SQL データ タイプ (ST_Geometry や Geometry など) にする必要があります。

構文

CreateDatabaseView(input_database, view_name, view_definition)
パラメーター説明データ タイプ
input_database

ビューの作成に使用するテーブルまたはフィーチャクラスのあるデータベース。このデータベースは、ビューが作成される場所でもあります。

Workspace
view_name

データベースに作成されるビューの名前。

String
view_definition

ビューの作成に使用される SQL ステートメント。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_layer

出力データベース ビュー。

テーブル

コードのサンプル

CreateDatabaseView (データベース ビューの作成) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで CreateDatabaseView ツールを使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.CreateDatabaseView_management("c:/Connections/city_data.sde","trees","select objectid, owner, parcel from inventory where type = trees")

ライセンス情報

  • Basic: いいえ
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック