Skip To Content

頂点の間引き (Generalize)

概要

指定されたオフセットの最大許容値を使用して入力フィーチャを単純化します。出力フィーチャには、元の入力頂点のサブセットが含まれます。

このラインは、許容可能な最大のオフセットの境界内で単純化されます
このラインは、許容可能な最大のオフセットで単純化されます。

使用法

    注意:

    このツールを実行すると、入力データが変更されます。詳しい説明および不適切なデータの変更を防ぐための方法については、「出力データセットを作成しないツール」をご参照ください。

  • このツールでは、[ラインの単純化 (Simplify Line)] ツールのポイント削除方法と同じアルゴリズム (Douglas-Peucker 単純化アルゴリズム) が使用されます。[ラインの単純化 (Simplify Line)] ツールはパラメーターが多く、新しい出力を作成しますが、このツールは入力フィーチャクラスを変更します。

  • このツールはレコードごとにフィーチャの頂点を間引きします。フィーチャ間で重なっているラインとポリゴン境界の部分は、ツールを実行した後に重なりが解消されます。

  • ベジェ曲線、円弧、楕円円弧の線分は、一連の直線の線分に変換されます。

  • このツールでは、レコードまたはフィーチャは削除されません。許容値がポリゴンより大きい場合は、ポリゴンの頂点の数が 3 つに減少します。

構文

Generalize(in_features, {tolerance})
パラメーター説明データ タイプ
in_features

頂点を間引くポリゴンまたはライン フィーチャ。

Feature Layer
tolerance
(オプション)

最大許容オフセットを設定します。この値によって単純化の度合いが決まります。入力ジオメトリからオフセット可能な出力ジオメトリの最大距離。必要な計測単位を指定できます。デフォルトはフィーチャの単位です。

Linear unit

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_feature_class

更新された入力フィーチャ。

フィーチャ クラス

コードのサンプル

Generalize (頂点の間引き) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで Generalize 関数を使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:\data\data.gdb"
arcpy.Generalize_edit("zones", "10 Feet")
Generalize (頂点の間引き) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

以下のスタンドアロン スクリプトは、ワークフロー内で Generalize 関数を使用してフィーチャを先に単純化してからバッファーリングを行う方法の例です。

# Name: BufferZones.py
# Purpose: Simplify features using the Generalize tool and then Buffer them
# Import script modules
import arcpy
# Set the workspace
arcpy.env.workspace = "C:/data/data.gdb"
# Set local parameters
inFeatures = "zones"
gTolerance = "4 Feet"
copFeatures = "zones_cp"
bufDist = "50 Miles"
bufOutput = "zones_buff"
# Since Generalize permanently updates the input, first make a copy of the 
# original feature class
arcpy.CopyFeatures_management (inFeatures, copFeatures)
# Use the Generalize tool to simplify the Buffer input to shorten Buffer 
# processing time
arcpy.Generalize_edit(copFeatures, gTolerance)
# Buffer the output
arcpy.Buffer_analysis(copFeatures, bufOutput, bufDist)

ライセンス情報

  • Basic: いいえ
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック