Skip To Content

マップ シリーズの作成

マップ シリーズでは、1 つのレイアウトを使用して複数のマップ範囲を反復処理することで、複数の出力ページを生成できます。マップ範囲は「タイル」、「セクション」、または「対象エリア (AOI) 」とも呼ばれ、レイヤーのフィーチャによって定義されます。マップ範囲を定義するレイヤーを「インデックス レイヤー」といいます。どのフィーチャ レイヤーでもインデックス レイヤーとして使用できます。マップ シリーズを作成およびカスタマイズするには、[レイアウト] タブの [ページ設定] グループにある [マップ シリーズ] ボタン List Map Series Pages をクリックします。表示された [マップ シリーズ] ダイアログ ボックスでは、マップ シリーズのタイプを選択し、[インデックス レイヤー][オプション フィールド]、および [マップ範囲] のオプションを設定できます。

メモ:

マップ シリーズは 2D マップでのみサポートされています。レイアウトに 2D マップが含まれていない場合、[マップ シリーズ] ボタンは使用できません。

マップ シリーズを作成する手順

  1. レイアウトにマップ フレームが存在することを確認します。
  2. [レイアウト] タブの [ページ設定] グループで、[マップ シリーズ] をクリックします。
  3. [レイアウト プロパティ] ダイアログ ボックスで、[マップ シリーズ] をクリックします。

    デフォルトでは、[マップ シリーズ] が有効で、[定義] が選択されています。

  4. [インデックス レイヤー] で、マップ フレームのデフォルト設定をオンにします。これがマップ シリーズに使用したいマップ フレームでない場合は、ドロップダウン メニューから別のマップ フレームを選択します。
  5. [レイヤー] のデフォルト設定をチェックします。これがインデックス レイヤーとして使用したいレイヤーでない場合は、ドロップダウン メニューから別のレイヤーを選択します。
  6. [名前フィールド] のデフォルト設定をチェックします。これがページの名前を付けるために使用したいフィールドでない場合は、ドロップダウン メニューから別のフィールドを選択します。
  7. [ソート フィールド] のデフォルト設定をチェックします。これがページを並べ替えるために使用したいフィールドでない場合は、ドロップダウン メニューから別のフィールドを選択します。
  8. [オプション フィールド] で、[ページ番号] のデフォルト設定をチェックします。これが各ページにページ番号を付けるために使用したいフィールドでない場合は、ドロップダウン メニューから別のフィールドを選択します。あるいは、ページ番号のフィールドを選択しないと、[先頭ページ番号] の値から始まるページ番号が自動的に生成されます。
  9. [オプション フィールド] で、適用する追加のフィールド ([回転][空間参照] など) を選択します。あるいは、デフォルトのままにします。
  10. [マップ範囲] タブで、使用する範囲オプションを選択します。
  11. [OK] をクリックします。

マップ シリーズの有効化

[有効化] チェックボックスで、レイアウトのマップ シリーズを有効にします。このチェックボックスをオフにすると、マップ シリーズの機能が無効になります。

マップ シリーズに必要なエレメント

マップ シリーズを作成するには、次の 4 つのエレメントが必要です。

  • マップ フレーム
  • インデックス レイヤー
  • 名前フィールド
  • 並べ替えフィールド

マップ フレーム

マップ シリーズを作成するには、[マップ フレーム] ドロップダウン メニューからマップ フレームを選択する必要があります。このドロップダウン メニューには、レイアウト内のすべてのマップ フレームが表示されます。一度に選択できるマップ フレームは 1 つだけです。マップ フレームのマップ範囲は、マップ シリーズのページごとに変わります。これらのマップ範囲は、インデックス レイヤーに含まれるフィーチャの空間範囲によって決定されます。

インデックス レイヤー

インデックス レイヤーは、マップ シリーズの各ページについてマップ フレームの地理範囲を定義します。インデックス レイヤーの各フィーチャは、マップ シリーズの各ページを定義します。インデックス レイヤーの属性が他のマップ シリーズ パラメーターの値を提供します。[カートグラフィ] ツールボックスの [マップ シリーズ] ツールセットには、インデックス レイヤーの作成に使用できる 2 つのジオプロセシング ツール、つまり、[インデックス フィーチャ (格子状) の作成 (Grid Index Features)][インデックス フィーチャ (帯状) の作成 (Strip Map Index Features)] があります。

このドロップダウン メニューには、マップ フレームのレイヤーのリストが表示されます。選択したマップ フレームのどのフィーチャクラスもインデックス レイヤーとして選択できます (レイヤーにフィーチャが 1 つ以上含まれている場合)。デフォルトのインデックス レイヤーは、マップ フレームの最上位ポリゴン レイヤーです。

名前フィールド

マップ シリーズではインデックス レイヤーのフィーチャが反復処理され、各ページが定義されるので、名前フィールドの属性値がページ名として使用されます。NULL 値および重複する値をページ名として使用できます。ただし、マップ シリーズのページを操作するときの混乱を避けるために、すべての値が一意である名前フィールドの使用をお勧めします。

このドロップダウン メニューには、インデックス レイヤーの使用可能なフィールドのリストが表示されます。このリストには、インデックス レイヤーに結合されたテーブルからのフィールドが含まれます。ここでは、short integer、long integer、および text のフィールド タイプが該当します。デフォルト フィールドは、フィールド名に「name」というテキストが含まれている最初のフィールドです。フィールド名に「name」が含まれているフィールドがない場合は、デフォルトで、有効な最初のフィールドが使用されます。ドロップダウン メニューから異なるフィールドを選択して使用することもできます。

並べ替えフィールド

[並べ替えフィールド]はページの並べ替えロジックを提供します。シリーズの最初のページ (1 ページ) は、このフィールドの値と、並べ替えが昇順であるか降順であるかに基づいて決定されます。NULL 値および重複する値を使用できます。ただし、マップ シリーズのページを操作するときの混乱を避けるために、すべての値が一意である並べ替えフィールドの使用をお勧めします。

このドロップダウン メニューには、インデックス レイヤーの使用可能なフィールドのリストが表示されます。このリストには、インデックス レイヤーに結合されたテーブルからのフィールドが含まれます。ここでは、short integer、long integer、float、double、date、および text のフィールド タイプが該当します。マップ シリーズが機能するためには並べ替え順が必要であるため、新しいインデックス レイヤーが選択されるたびにデフォルト フィールドが選択されます。

オプション フィールド

マップ シリーズでは、オプションのフィールドを使用して、ページをさらにカスタマイズできます。これらのフィールドは、インデックス レイヤーの属性であるか、インデックス レイヤーに結合されているテーブルのフィールドである必要があります。次のようなものがあります。

  • グループ化
  • ページ番号
  • 先頭ページ
  • 回転
  • 空間参照

グループ化

マップ シリーズでは、フィールドを選択して、シリーズのページをグループ化できます。たとえば、米国の郡 (または郡のサブセット) のマップ シリーズを作成する場合、州ごとに郡をまとめたいと思うかもしれません。この場合は、[グループ化] ドロップダウン メニューから State フィールドを選択できます。

ページ番号

マップ シリーズでは、ページ番号も定義できます。ページ番号は、インデックス レイヤーの属性に基づいて設定できます。これらの値には英数字を使用できます。たとえば、ローマ数字やダッシュ付きの数字を使用してページ番号を指定することができます。マップの間にページを挿入する場合は、このフィールドに入力するページ番号をスキップさせます。次の表をご参照ください。

ページ番号

4 ページ

6 ページ

8 ページ

10 ページ

12 ページ

14 ページ

16 ページ

18 ページ

20 ページ

22 ページ

このフィールドを [ページ番号] ドロップダウン メニューから選択し、独自のマップ シリーズを作成します。上記の表 (ページ番号) と下記の表 (ページ インデックス、ページ番号、総ページ数付きページ番号) の違いに注意してください。

ページ インデックスページ番号総ページ数付きページ番号

1

4 ページ

1/10

2

6 ページ

2/10

3

8 ページ

3/10

4

10 ページ

4/10

5

12 ページ

5/10

6

14 ページ

6/10

7

16 ページ

7/10

8

18 ページ

8/10

9

20 ページ

9/10

10

22 ページ

10/10

このドロップダウン メニューには、インデックス レイヤーの使用可能なフィールドのリストが表示されます。このリストには、インデックス レイヤーに結合されたテーブルからのフィールドが含まれます。ここでは、short integer、long integer、double、および text のフィールド タイプが該当します。

このページ番号フィールドの値を使用して、マップ レイアウト内のダイナミック テキストを制御できます。[マップ シリーズ] ダイアログ ボックスの [ページ番号] ドロップダウン リストを使用して、ページ インデックスのダイナミック テキストを追加できます。あるいは、<dyn type="page" property="page number"/> という書式タグを既存のテキスト エレメントに適用することもできます。

先頭ページ

マップ シリーズのページを最初のページ以外のページで開始したい場合があります。たとえば、マップ ブックの最初の 3 ページに、タイトル、目次、および概観図を載せる場合を考えてみます。マップ (マップ シリーズの PDF エクスポート) は実際は 4 ページ目から始まります。[マップ シリーズ] ダイアログ ボックスの [ページ番号] テキスト ボックスに「4」と入力します。レイアウト内のページ番号にダイナミック テキスト エレメントがある場合は、最初のマップ ページに「4 ページ」と表示されます。

エクスポートの詳細については、「マップ シリーズのエクスポート」をご参照ください。

回転

それぞれ異なるマップ回転をマップ シリーズのページに適用したい場合があります。たとえば、ストリップ マップは、通常、ライン フィーチャに追従します。このマップ シリーズをもっと読みやすくするために、マップを回転させて、インデックス フィーチャのエッジをレイアウト ページのエッジに揃えることができます。インデックス フィーチャ (帯状) を作成する [インデックス フィーチャ (帯状) の作成 (Strip Map Index Features)] ツールには、入力に適した回転値を含むフィールドがあります。

[磁気偏角の計算 (Calculate Grid Convergence Angle)] ツールを使用して、シリーズ内のマップ ページごとにマップを真北に回転するために使用できる値を作成することもできます。

このドロップダウン メニューには、インデックス レイヤーの使用可能なフィールドのリストが表示されます。このリストには、インデックス レイヤーに結合されたテーブルからのフィールドが含まれます。ここでは、short integer、long integer、float、および double のフィールド タイプが該当します。

空間参照

マップ シリーズのページにそれぞれ異なる空間参照を使用したい場合があります。マップ シリーズに空間参照を適用するには次の 3 つの方法があります。

種類

空間参照文字列全体を使用します。

GEOGCS ["GCS_WGS_1984",DATUM["D_WGS_1984",SPHEROID["WGS_1984",6378137,298.257223563]],PRIMEM["Greenwich",0],UNIT["Degree",0.0174532925199433]]

ローカル コンピューター上またはネットワーク上の投影情報ファイルを指定します (適切なファイル権限が必要)。

C:\MyProjectionFiles\WGS 1984.prj.

座標系のファクトリ コードを使用します。カスタム座標系はファクトリ コード 0 になります。

地理座標系 WGS 1984 のファクトリ コードは 4326 です。

[空間参照] フィールドを指定した場合、このフィールドの値に基づいて、マップ シリーズの各ページでマップ フレームの空間参照が決定されます。[空間参照] フィールドの値が NULL の場合、不完全な場合、または不適切な場合は、このフィールドが無視され、最後に使用した空間参照が現在のページに適用されます。空間参照フィールドを設定するには、[中央子午線と緯線の計算 (Calculate Central Meridian and Parallels)][UTM ゾーンの計算 (Calculate UTM Zone)] という 2 つのジオプロセシング ツールを使用できます。

このドロップダウン メニューには、インデックス レイヤーの使用可能なフィールドのリストが表示されます。このリストには、インデックス レイヤーに結合されたテーブルからのフィールドが含まれます。ここでは、short integer、long integer、および text のフィールド タイプが該当します。

マップ範囲

マップ シリーズの各ページには、インデックス フィーチャに基づいて更新された範囲が適用されます。[ベスト フィット][中央に配置して縮尺を維持][フィールドの縮尺を使用] という 3 つのマップ範囲オプションを使用して、各フィーチャの範囲の計算方法をカスタマイズできます。

ベスト フィット

[ベスト フィット] オプションでは、マップ フレームのエッジとインデックス フィーチャの最近接ポイントとの間にマージンが設けられます。その際、このマージンは横軸または縦軸に沿って計測されます。マージンを横方向に計測するか、縦方向に計測するかは、この最近接ポイントの位置によって決定されます。その他の測定ポイントは、指定したフィットより大きくなる場合があります。特に、幾何学的に非対称または不規則なインデックス フィーチャではその可能性が大きくなります。マージンはパーセント (マップ単位またはページ単位) で指定します。

パーセンテージ値が 100% の場合は、インデックス フィーチャの最も近いポイントが、マップ フレームのエッジに隣接して配置されます。マップ フレーム エッジ間のサイズ (または距離) は、最も近いポイントを含む軸の距離 (マップ単位) のパーセンテージとして計算されます。たとえば、最も近いポイントが縦軸上にあるとします。フィーチャの最大の縦の長さは 150 km です。マージンのパーセンテージ値を 110% に設定した場合、マップ フレームは (150 km * 110%) = 165 km になり、両側に 7.5 km のマージンが設けられます。横軸ではフィーチャとマップ フレーム エッジ間の距離がこれより長いので、マージンは 7.5 km より大きくなります。100% より小さい値を指定すると、データ フレームはインデックス フィーチャの範囲内に収まる範囲に縮小されます。

マップ単位またはページ単位で指定されるマージンも、マップ フレームのエッジからインデックス フィーチャの最も近いポイントまでの計測値です。パーセンテージとは異なり、サイズ値は横軸または縦軸の両側に適用されます。たとえば、マージンが 50 km に設定され、 インデックス フィーチャの最も近いポイントは縦軸上にあるとします。マップ フレーム エッジとフィーチャの最も近い部分の間に、50 km の距離が置かれます。軸の反対側、および水平軸に沿ったマージンは、50 km より大きくなります。マージンを指定するためにページ単位を選択した場合にも、同様の結果になります。

メモ:

ポイント フィーチャクラスがインデックス レイヤーである場合、このオプションは使用できません。

中央に配置して縮尺を維持

[中央に配置して縮尺を維持] オプションを選択すると、マップ シリーズの各ページについて、マップ フレームの中央にインデックス フィーチャが配置され、現在のマップ縮尺が維持されます。ドロップダウン メニューでは、リストからマップ縮尺を選択することも、カスタム縮尺を作成することもできます。

フィールドの縮尺を使用

[フィールドの縮尺を使用] オプションを選択した場合、マップ シリーズの各ページで、マップ フレームの縮尺がデータによって切り替わります。ドロップダウン リストで、縮尺を決定するために使用するデータが含まれている適切なフィールドを選択します。このドロップダウン リストには、該当するタイプのフィールドのみが表示されます。ここでは、short integer、long integer、float、および double のフィールド タイプが該当します。

[フィールドの縮尺を使用] を指定した場合、このフィールドの値は、マップ シリーズの各ページについて、詳細データ フレームのマップ縮尺を定義します。値が NULL の場合、マップ シリーズでは前のページの縮尺値が使用されます。マップ シリーズが有効な場合、マップ フレームに関連付けられている固定縮尺または固定範囲は無視されます。

インデックス フィーチャにクリップ

このオプションを選択すると、マップ内のレイヤーがインデックス フィーチャの境界に視覚的にクリップされます。これは描画のみに影響し、データ自体には影響しません。このオプションでは既存のクリップ範囲を上書きしますが、除外したレイヤーは保持します。クリップが有効になったら、[マップ プロパティ] ダイアログ ボックスを使用して、クリップからレイヤーを除外することができます。

関連トピック