ArcGIS Pro イントロダクション

リリース バージョン: ArcGIS Pro 3.0.3

ArcGIS Pro は、専門家向けに Esri が提供する、機能が豊富なデスクトップ GIS アプリケーションです。 ArcGIS Pro を使用すると、データの探索、視覚化、解析を実行したり、2D マップや 3D シーンを作成したり、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise ポータルで作業内容を共有したりできます。 以降のセクションでは、サインイン プロセス、スタート ページ、ArcGIS Pro プロジェクト、ユーザー インターフェイスについて紹介します。

サイン イン

ArcGIS Pro を初めて使用する場合は、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 組織の認証情報を使用してサイン インします。 その後、自動的にサイン インが行われます。

ArcGIS Pro のサイン イン プロンプト

ArcGIS Pro が起動すると、スタート ページ、およびアプリケーション ウィンドウの最上部にサインイン メニューが常に表示されます。 アカウントを複数持っている場合は、あるアカウントからサイン アウトしてから別のアカウントにサイン インすることで、別のポータルのコンテンツにアクセスしたり、別のポータルにアイテムを共有したりできます。

サイン イン メニュー

スタート ページ

デフォルトでは、ArcGIS Pro を開くと、スタート ページが表示されます。 スタート ページには [ホーム] タブ ホーム[学習] タブ 学習[設定] タブ 設定 があります。

ホーム タブ

[ホーム] タブでは新しいプロジェクトを開始したり、既存のプロジェクトを開いたりします。

ArcGIS Pro のスタート ページのホーム タブ

要素説明
1

デフォルトのテンプレートから新しいプロジェクトを開始します。

2

最近使用したプロジェクトを開きます。 リストにないプロジェクトを開くには、[別のプロジェクトを開く] 別のプロジェクトを開く をクリックします。

3

カスタム テンプレートから新しいプロジェクトを開始します。 リストにないテンプレートから新しいプロジェクトを開始するには、[別のテンプレートを使用して開始] [別のプロジェクト テンプレートを選択] をクリックします。

ホーム タブの ArcGIS Pro のスタート ページ エレメント

学習

[学習] タブでは、スキルの開発、問題の解決、質問への回答に役立つリソースを検索できます。

ArcGIS Pro のスタート ページの学習タブ

要素説明
1

クイックスタート チュートリアルでは ArcGIS Pro の一般的な機能とワークフローについて紹介しています。

2

製品ドキュメント、学習資料、トレーニング、ニュース、Esri Community サイトにアクセスできます。

3

ディスカバリー パスでは担当業務に関連する学習資料を紹介しています。

4

ArcMap ユーザーの ArcGIS Pro の学習に役立つリソースが用意されています。

学習タブの ArcGIS Pro のスタート ページ エレメント

設定

[設定] タブではアプリケーションの構成と管理を行うことができます。 開いているプロジェクトの [プロジェクト] タブから設定にアクセスすることもできます。

ArcGIS Pro の設定

タブ説明

新規

プロジェクトを作成」します。

開く

既存のプロジェクトを開きます」。

保存

現在のプロジェクトを保存します。

名前を付けて保存

現在のプロジェクトのコピーを保存します。

ポータル

ポータル接続を管理し、アクティブなポータルを設定します。

ライセンス

ライセンス情報の表示、オフラインで作業するための ArcGIS Pro の認証、ライセンス タイプの変更を行います。

オプション

プロジェクトとアプリケーションのオプションにアクセスして ArcGIS Pro を構成します。

パッケージ マネージャー

PythonR、およびシステム ライブラリの環境とパッケージを管理します。

アドイン マネージャー

アドインをインストールしてアプリケーションをカスタマイズします。

ヘルプ

オンラインまたはオフラインのヘルプ システムを開きます。

情報

ArcGIS Pro のバージョンに関する情報を表示し、「最新のバージョンに更新」します。

終了

アプリケーションを閉じます。

ArcGIS Pro の設定ページ

プロジェクト

ArcGIS Pro では、マップ、シーン、レイアウト、およびシステム フォルダーやデータベースなどのリソースへの接続を含む関連作業の集まりをプロジェクトと呼びます。 プロジェクト ファイルの拡張子は *.aprx です。 デフォルトでは、関連するファイル ジオデータベースとツールボックスとともに、専用フォルダーにプロジェクトが保存されます。

ArcGIS Pro プロジェクト

ArcGIS Pro ユーザー インターフェイス

ArcGIS Pro インターフェイスの主な部分には、リボン、ビュー、ウィンドウがあります。 「ArcGIS Pro の紹介」クイックスタート チュートリアルはユーザー インターフェイスを理解するのに役立ちます。

リボン

アプリケーション ウィンドウの上部に左右に配置されたリボンでは、機能が一連のタブに整理されています。 一部のタブ (コア タブ) は常に表示されます。 その他のタブ (コンテキスト タブ) は、このアプリケーションが特定の状態にある場合に表示されます。 たとえば、マップの [コンテンツ] ウィンドウでフィーチャ レイヤーを選択すると、[フィーチャ レイヤー] コンテキスト タブのセットが表示されます。

ArcGIS Pro のリボン

要素説明
1

クイック アクセス ツールバー」には、よく使われるコマンドもあります。

2

アプリケーションの上部に表示されるプロジェクト名。

3

コマンド検索を使用すると、コマンドを検索して実行できます。

4

アプリケーションが使用目的に適した状態にある場合のみ、コンテキスト タブとタブ セットが表示されます。

5

[マップ] タブなどのコア タブに機能が整理されています。 タブが選択されると、関連するツールとボタンがリボン上に表示されます。

6

コマンドを実行するためのボタンとツール。 たとえば、マップとシーンを操作してマップ フィーチャを特定するには [マップ操作] ツールを使用します。

7

ダイアログ ボックス ランチャーは、他の機能も含むウィンドウやダイアログ ボックスを開きます。

8

グループによって、関連するコマンドがリボン タブにまとめられています。

ArcGIS Pro リボン要素
ヒント:

リボン」と「クイック アクセス ツールバー」をカスタマイズできます。

ビュー

ビューは、マップシーンレイアウトテーブルチャートカタログ、およびその他のデータ表現を操作するためのウィンドウです。 複数のビューを同時に開くことができます。

マップ ビュー
ビューの上部にあるタブをクリックしてビューをアクティブにし、別の位置にドラッグするか、ビューを閉じます。

ウィンドウ

ウィンドウとは、ビューのコンテンツ ([コンテンツ] ウィンドウ)、プロジェクトまたはアクティブなポータルのアイテム ([カタログ] ウィンドウ)、機能領域のコマンドと設定 ([シンボル] ウィンドウや [ジオプロセシング] ウィンドウなど) を表示するウィンドウです。

マップのコンテンツ ウィンドウとカタログ ウィンドウ

ウィンドウにはリボンで使用できない場合がある機能が表示されます。 ウィンドウには、機能を整理するためのテキスト タブやグラフィックス タブの行がある場合があります。 一部のウィンドウには複数のページがあります。

マークされたウィンドウ コントロールを持つシンボル ウィンドウ

要素説明
1

一部のウィンドウには複数の機能ページがあります。

2

[ギャラリー][プロパティ] などのテキストベースのプライマリ タブでは機能が分割されています。

3

グラフィカルなセカンダリ タブでは、プライマリ タブの機能が分割されています。

4

エキスパンダーとは小さな矢印のことで、これをクリックすると設定の表示と非表示を切り替えることができます。

5

[メニュー] ボタン メニュー にはその他のコマンドがあります。

6

ハンドルをドラッグして、ウィンドウの各領域のサイズを変更できます。

[コンテンツ] ウィンドウと [カタログ] ウィンドウは通常、プロジェクト内で開きます。 それ以外のウィンドウは対応するコマンドかアクションに応じて表示されます。 たとえば、リボンで [マップ] タブの [場所検索] 場所検索 をクリックすると [場所検索] ウィンドウが表示されます。

ウィンドウは閉じることも、開いたままにしておくこともできます。 ArcGIS Pro を閉じる時にウィンドウが開いていた場合、アプリケーションを再起動した時にそのウィンドウが開きます。 リボンの [表示] タブで一部のウィンドウを管理できます。 たとえば、特定のウィンドウ構成を選択するには、[ウィンドウのリセット] ウィンドウのリセット をクリックします。

ユーザー インターフェイスの調整

ユーザー インターフェイスのエレメントは以下のようにさまざまな方法で調整できます。

  • ドッキング ターゲットにウィンドウとビューをドラッグする。
  • お互いの上部にウィンドウとビューを固定する。
  • アプリケーション ウィンドウの上、または離れた位置にウィンドウとビューをフローティング表示する。
  • ビュー スペースを垂直または水平のタブ グループに分割して表示するビューを増やす。

カスタマイズされた ArcGIS Pro のユーザー インターフェイス

要素操作方法
1

リボンを最小化します。

Ctrl + F1 キーを押します。

2

ウィンドウを自動的に非表示にして、使用されていないときは最小化します。

ウィンドウのタイトル バーで [自動非表示] 自動非表示 をクリックします。 他のオプションを表示するには Alt + マイナス記号 キーを押します。

3

新しいタブをグループにまとめてビュー スペースを分割します。

他のオプションを表示するには、ビュー タブを右クリックするか Alt + ハイフン キーを押します。

4

ビューをフロートさせます。

タブごとにビューをドラッグして、ドッキング ターゲットから離してドロップします。 他のオプションを表示するには、ビュー タブを右クリックするか Alt + ハイフン キーを押します。

5

ビューを固定します。

タブごとにビューをドラッグして、表示されるドッキング ターゲットのいずれかにドロップします。 他のオプションを表示するには、ビュー タブを右クリックするか Alt + ハイフン キーを押します。

関連トピック