ArcGIS Pro について

リリース バージョン: ArcGIS Pro 2.8.2 - 2021 年 8 月

ArcGIS Pro は、専門家向けに Esri が提供する最新のデスクトップ GIS アプリケーションです。 ArcGIS Pro を使用すると、データの探索、視覚化、解析を実行したり、2D マップや 3D シーンを作成したり、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise ポータルで作業内容を共有したりできます。 以下のセクションでは、ユーザー インターフェイスの基本的な要素について説明します。 ここに記載された情報に基づいて、アプリケーションを操作し、ヘルプを参照し、チュートリアルを完了してください。

サイン イン

通常、ArcGIS Pro の使用を開始するには、ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise 組織の認証情報を使用してサイン インします。 ソフトウェア ライセンスが ArcGIS 組織で管理されている場合は (デフォルト設定)、サイン インが必要です。 また、サイン インすることで、組織や他のオンライン リポジトリに格納されている Web コンテンツ (Web マップなど) にアクセスできるようになります。

プロジェクト

ArcGIS Pro では、マップ、シーン、レイアウト、データ、テーブル、ツール、他のリソースへの接続で構成されている関連作業は通常、プロジェクトとして整理されます。 デフォルトでは、プロジェクトはそれぞれ独自のシステム フォルダーに格納されます。 プロジェクト ファイルの拡張子は *.aprx です。 プロジェクトには、独自のジオデータベース (*.gdb 拡張子付きのファイル) と独自のツールボックス (*.tbx 拡張子付きのファイル) も格納されています。

ArcGIS Pro を起動したら、4 つのシステム テンプレートのいずれかからプロジェクトを作成できます。 テンプレートはそれぞれ、異なる状態にあるアプリケーションを開始するプロジェクト ファイルを作成します。 たとえば、[マップ] テンプレートから作成されたプロジェクトを開始すると、ベースマップ レイヤーを含むマップ ビューが表示されます。 テンプレートなしで開始することもできます。 この場合には、プロジェクト ファイルを保存せずに ArcGIS Pro で作業できます。

独自に作成したプロジェクト テンプレート、または同僚が共有したプロジェクト テンプレートから、新しいプロジェクトを開始することもできます。 プロジェクト テンプレートは、プロジェクトの開始状態をカスタマイズしたものです。 最近使用したテンプレートが開始ページに表示されます。 テンプレートを参照することもできます。

さまざまな方法で、保存されたプロジェクトを開くことができます。 開始ページから、最近使用したプロジェクトにアクセスできます。 保存された他のプロジェクトを参照して開くことができます。 いつでも簡単に利用できるように、プロジェクトを開始ページに固定しておくこともできます。

ArcGIS Pro の開始ページ
プロジェクトは開始ページで開き、プロジェクトの作成は開始ページで行います。

要素説明
1

ArcGIS 組織の認証情報を使用して ArcGIS Pro にサイン インします。

2

最近使用したプロジェクトを開きます。 リストに含まれていないプロジェクトを開くには、[別のプロジェクトを開く] 別のプロジェクトを開く をクリックします。

3

デフォルトの ArcGIS Pro テンプレートからプロジェクトを作成します。

4

チュートリアル、コース、コミュニティ サポート、ブログ、ドキュメントなどの学習リソースにアクセスします。

5

カスタム テンプレートからプロジェクトを作成します。 リストに含まれていないテンプレートからプロジェクトを作成するには、[別のプロジェクト テンプレートを選択] 別のプロジェクト テンプレートを選択 をクリックします。

6

プロジェクトとアプリケーション設定にアクセスします。

ArcGIS Pro スタート ページの要素

ArcGIS Pro ユーザー インターフェイス

ArcGIS Pro インターフェイスの主な部分には、リボン、ビュー、ウィンドウがあります。 実践的な概要については、「ArcGIS Pro の紹介」クイックスタート チュートリアルをご参照ください。

リボン

ArcGIS Pro は、アプリケーション ウィンドウの上部に左右に配置されたリボンを使用して、機能を表示し、一連のタブに整理します。 これらのタブのいくつか (コア タブ) は常に表示されます。 その他のタブ (コンテキスト タブ) は、このアプリケーションが特定の状態にある場合に表示されます。 たとえば、[コンテンツ] ウィンドウでフィーチャ レイヤーを選択すると、一連の [フィーチャ レイヤー] コンテキスト タブが表示されます。

ArcGIS Pro のリボン

要素説明
1

クイック アクセス ツールバー には、よく使われるコマンドもあります。

2

[マップ操作] ツールを使用すると、マップとシーンをナビゲートしたり、ポップアップでフィーチャを識別したりできます。

3

[解析] タブなどのリボン タブは、機能別に整理されています。 タブが選択されると、リボン上に関連するツールが表示されます。

4

ダイアログ ボックス ランチャーは、他の機能も含むウィンドウやダイアログ ボックスを開きます。

5

グループは、リボン タブの機能を整理します。

6

状況に応じて、コンテキスト タブ セットとそれに関連するタブが表示されます。 コンテキスト タブ セットは、オレンジ色や緑色などの色でハイライト表示されます。

7

ボタンとツールは、ソフトウェアのアクションを実行します。

ArcGIS Pro リボン要素

リボンクイック アクセス ツールバー をカスタマイズできます。

フィーチャ作成ツールでカスタマイズしたクイック アクセス ツールバー
リボンでツールを右クリックして、クイック アクセス ツールバーに追加できます。

ビュー

ビューは、マップシーンテーブルレイアウトチャートレポート、その他のデータ表現を操作するためのウィンドウです。 プロジェクトには多数のビューが含まれることがあり、必要に応じて開いたり閉じたりできます。 複数のビューを同時に開くことができますが、アクティブなビューは 1 つだけです。

アクティブなマップ ビューを含む ArcGIS Pro アプリケーション

要素説明
1

マップ ビューは、マップを表示するウィンドウです。

2

どのビューにも、ビューを閉じたり、ビューを別の位置までドラッグしたりするのに使用できるタブがあります。 アクティブなビューのタブは青色です。 ビューのタブをクリックすると、そのビューがアクティブになります。

ArcGIS Pro マップ ビュー

ウィンドウ

ウィンドウとは、ビューのコンテンツ ([コンテンツ] ウィンドウ)、プロジェクトまたはポータルのコンテンツ ([カタログ] ウィンドウ)、機能領域に関連するコマンドと設定 ([シンボル] ウィンドウや [ジオプロセシング] ウィンドウなど) を表示するドッキング可能なウィンドウです。

コンテンツ ウィンドウとカタログ ウィンドウ

ウィンドウには、リボンのコマンドよりも高度で完全な機能が用意されています。 ウィンドウには、テキスト タブやグラフィックス タブの行があり、機能別に分割および整理されています。

マークされたウィンドウ コントロールを持つシンボル ウィンドウ

要素説明
1

一部のウィンドウには複数のページがあります。 ページを切り替えるには、[戻る] ボタンを使用します。

2

[ギャラリー][プロパティ] などのテキストベースのプライマリ タブでは、ウィンドウの機能が分割されています。

3

グラフィカルなセカンダリ タブでは、プライマリ タブの機能が分割されています。

4

エキスパンダーとは小さな矢印のことで、これをクリックすると設定の表示と非表示を切り替えることができます。

5

[メニュー] ボタンには、その他のコマンドが含まれます。

6

ハンドルをドラッグして、ウィンドウの各領域のサイズを変更できます。 ハンドルの向きは水平にも垂直にもできます。

ArcGIS Pro を最初に開くと、[コンテンツ] ウィンドウと [カタログ] ウィンドウが開き、他のウィンドウは閉じられています。 以前に ArcGIS Pro を使用したことがある場合は、次にこのアプリケーションを起動すると、最後のセッションで開いていたのと同じウィンドウが開いたままになります。

リボンの [表示] タブでウィンドウを管理できます。 [ウィンドウ] グループで、[コンテンツ] コンテンツ または [カタログ ウィンドウ] カタログ ウィンドウ をクリックして、これらのウィンドウを開きます (閉じている場合)。 特定のウィンドウ構成を選択するには、[ウィンドウのリセット] ウィンドウのリセット をクリックします。

設定ページ

[設定] ページで、基本ファイル操作を実行し、アプリケーションを構成することができます。 [設定] ページには、次の 2 つの方法でアクセスできます。

  • 開いているプロジェクトのリボンで [プロジェクト] タブをクリックします。
  • ArcGIS Pro の開始ページで、左下隅にある [設定] 設定 をクリックします。

ページの左側にあるタブをクリックして、変更する設定にアクセスします。

ArcGIS Pro の設定ページ

タブ説明

新規

プロジェクトを作成します。

開く

既存のプロジェクトを開きます

保存

現在のプロジェクトを保存します。

名前を付けて保存

現在のプロジェクトのコピーを保存します。

ポータル

ポータル接続を管理し、アクティブなポータルを設定します。

ライセンス

ライセンス情報を表示し、ArcGIS Pro がオフラインで動作するように認証し、ライセンス タイプを変更します。

オプション

一般的なプロジェクトおよびアプリケーション オプションのほか、編集、レイアウト、ジオプロセシングなどの特定の機能分野のオプションにもアクセスします。

Python

Python 環境およびパッケージを構成します。

アドイン マネージャー

アドインをインストールして、ArcGIS Pro をカスタマイズします。

ヘルプ

オンラインまたはインストール済みのヘルプ システムを開きます。

バージョン情報

ArcGIS Pro のバージョンに関する情報を表示し、最新のバージョンに更新します。

終了

アプリケーションを終了します。

ArcGIS Pro の設定ページ

学習リソース

ArcGIS Pro の学習や新規開発機能に対応するためのリソースは、開始ページから直接利用できます。

ArcGIS Pro の開始ページのリソース

  • 新機能では、最新の製品リリースで追加された機能の概要が説明されています。
  • クイック スタート チュートリアルでは、マップの作成、レイアウトの作成、Web へのマップの共有などの基本的なワークフローを中心に説明しています。
  • Learn ArcGIS レッスンでは、実世界のさまざまな問題に対してガイド付きのソリューションを提供しています。
  • Esri Academy では、自習コースやインストラクター主導型コース、トレーニング セミナー、学習ビデオなどを提供しています。
  • Esri Community は、他のユーザーとの人脈形成やコラボレーション、アイデアの共有、問題の解決ができるサイトです。
  • ブログには、タイムリーな製品発表、ハウツー記事、および Esri 製品エンジニアによる最新の技術情報が含まれています。
  • ヘルプは、ArcGIS Pro ドキュメントの入口の役割を果たします。

ArcMap から移行する場合は、[ArcMap から] リソースをご参照ください。

実際の活用方法を確認するには、[コースを探そう] で主題別に配置されたレッスン、ストーリー、記事、およびビデオを参照できます。

関連トピック