Skip To Content

凡例項目の操作

凡例項目のプロパティの変更

[コンテンツ] ウィンドウで凡例を展開した後、凡例項目を選択して、個々の凡例項目を操作できます。また、複数の凡例項目を選択して、項目のプロパティを同時に設定することもできます。

凡例項目のプロパティにアクセスするには、凡例項目を右クリックして、ショートカット メニューから [プロパティ] を選択します。これにより、[凡例の書式設定] ウィンドウが開きます。次に、[プロパティ] ドロップダウン メニューから [凡例項目] を選択します。

ここでは、次の方法を選択できます。

  • レイヤー名、グループの見出し、ラベル、または説明を表示または非表示にします。
  • パッチ、ラベル、および説明の配置を変更します。

デフォルト設定を使用して、凡例項目を事前に書式設定することができます。デフォルト設定を変更するには、凡例項目を右クリックして、[デフォルトとして保存] をクリックします。さらに凡例項目を凡例に追加した場合、それらの凡例項目は、最後に保存したデフォルトに従います。

メモ:

凡例項目には、フィーチャ レイヤーに設定された凡例パッチが常に表示されます。パッチはレイヤーのシンボルを調整することで変更できます。

凡例項目の書式設定

凡例項目を選択している場合は、[書式設定] タブおよび [凡例の書式設定] ウィンドウを使用して、レイヤー名、見出し、ラベル、および説明のテキストの書式を設定できます。

メモ:

すべての凡例項目のテキストを一度に操作する場合は、凡例項目をすべて選択するか、凡例レベルで作業することができます。凡例レベルで変更すると、その変更は適用可能なすべての凡例項目に反映されます。詳細については、「凡例の操作」をご参照ください。

凡例項目の個々のテキストを操作することも、すべてのテキストを一度に操作することもできます。次の例では、凡例項目のすべてのテキストのフォントを変更して、説明だけを斜体にする手順を説明しています。

  1. [コンテキスト] ウィンドウで、1 つ以上の凡例項目を選択します。
  2. リボンの [書式設定] タブで、[現在の選択セット] グループのドロップダウン メニューから [凡例項目] を選択します。

    これにより、その凡例項目全体を操作できます。

  3. [テキスト シンボル] グループで、ドロップダウン メニューから新しいフォントを選択します。

    これにより、選択した凡例項目のレイヤー名、見出し、ラベル、および説明のフォント タイプが更新されます。

  4. [現在の選択セット] グループに戻り、ドロップダウン メニューから [説明] を選択します。

    これで、説明だけを操作することになります。

  5. [テキスト シンボル] グループで、フォント スタイルとして [斜体] を設定します。

    これにより、凡例項目の説明だけが斜体になります。

  6. 現在のフォントで利用できるのが斜体だけの場合、フォント スタイルとして設定できるのは [斜体] だけになるので注意してください。

[凡例の書式設定] ウィンドウを使用して、このワークフローを実行することもできます。リボンではなくこのウィンドウを使用すると、高度なテキスト シンボル プロパティにアクセスできます。

凡例項目のプロパティ

[コンテンツ] ウィンドウで凡例項目を選択した状態で、[凡例の書式設定] ウィンドウから凡例項目の外観を変更できます。変更するには、凡例項目を右クリックして、[プロパティ] をクリックします。[凡例の書式設定] ウィンドウの次のセクションで、凡例項目のどのパートを表示するか、凡例項目の配置順序、サイズ設定、およびインデントを切り替えることができます。

表示

次のチェックボックスは、凡例のパートのオン/オフを切り替えます。

  • [グループ レイヤー名] - グループ レイヤー名を見出しとして表示します。
  • [レイヤー名] - レイヤー名を見出しとして表示します。
  • [見出し] - レイヤー プロパティで指定された見出しを表示します。
  • [ラベル] - 各凡例クラスのラベルを表示します。
  • [説明] - レイヤー プロパティで指定された各凡例クラスの説明を表示します。

配列

[配列順序] ドロップダウン メニューでは、表示順序によって凡例のパートの順序を変更できます。パートとは、パッチ、ラベル、および説明です。

凡例全体に設定された調整ルールによっては、オプションのチェックボックスを使用して、凡例項目をさらに調整できる場合もあります。[新しい列] は、すべてのパートが収まりきらない場合、凡例項目を新しい列に配置します。[単一列の維持] は、凡例項目が複数の列に配置されることを防ぎます。

サイズ設定

[パッチの幅] および [パッチの高さ] ドロップダウン メニューから、または手動で入力して、パッチのラベルと説明の間のスペースを変更できます。

[パッチ サイズに合わせてサイズ変更] チェックボックスをオンにすることで、指定したパッチ サイズに収まるようにポイント シンボルのサイズを変更できます。

フィーチャ表示オプション

[マップ範囲に表示されるフィーチャのみを表示] がオンの場合、凡例項目クラスのフィーチャが現在の範囲内にある場合のみ、そのクラスが凡例に表示されます。その凡例項目のフィーチャが現在の範囲内にない場合、凡例からその項目全体が削除されます。また、[フィーチャ数の表示] をオンにすると、フィーチャ数を凡例に加えることができます。

現在の範囲内にある、その凡例項目クラスのフィーチャの数は、そのクラスのラベルの後ろに表示されます。凡例項目にラベルがない場合、数はパッチの後ろに表示されます。フィーチャ数の前後に表示されるテキストは、テキスト ボックスに入力することで設定できます。[桁区切り記号を表示] をオンにして、桁区切り記号を表示することもできます。

インデント

[レイヤー名][見出し]、および凡例の [クラス] をインデントするには、ドロップダウン メニューからインデント値を変更するか、手動でインデント値を入力します。

エレメントからグラフィックスへの変換

マップ エレメントを構成する個々のアイテムをより正確に制御したい場合は、凡例などのマップ エレメントをグラフィックスに変換することができます。

マップ エレメントをいったんグラフィックスに変換すると、元のデータとの接続が切断されるため、マップに対する変更が反映されなくなります。たとえば、凡例をグラフィックスに変換した後、マップに別のレイヤーを追加しても、凡例は自動的に更新されません。このため、マップのレイヤーとシンボルが完成した後に、エレメントをグラフィックスに変換することをお勧めします。

さらに凡例グラフィックスのグループ化を解除して、凡例を構成する各エレメント (パッチ、テキストなど) を編集することができます。

関連トピック