Skip To Content

スタイル

スタイルは、シンボル配色ラベルの配置、およびレイアウトの各アイテムを格納するプロジェクト アイテム コンテナーです。スタイルは、マップ、シーン、およびレイアウト全体の一貫性と標準化を促進します。マップ、シーン、およびレイアウトを作成するときに操作するシンボル ギャラリーおよびカラー パレットには、スタイルに格納されたアイテムが表示されます。スタイルは、個別のファイルとしてファイル システムに保存されるデータベースです。

ArcGIS Pro 内のスタイルは、*.stylx 拡張子が付けられ、スタイル アイコン スタイル ファイル (*.stylx) で識別されます。スタイルを必要な数だけプロジェクトに追加できます。

プロジェクト スタイル

プロジェクト内のすべてのスタイルを総称してプロジェクト スタイルと呼びます。ギャラリー内のシンボルやその他のスタイル アイテムを検索する際に、検索結果をプロジェクト スタイルに限定したり、ArcGIS Pro に含まれるプロジェクト スタイルとすべてのシステム スタイルの中から検索したりすることができます。

スタイルは、現在のマップ ドキュメントに依存しません。スタイルに保存したアイテムは、別のマップ ドキュメントを開いた場合でもアクセス可能です。また、スタイル アイテムが適用された後に、そのスタイルへの参照が維持されることはありません。たとえば、シンボルを選択してフィーチャに適用した場合は、そのシンボルのコピーがレイヤーに埋め込まれます。レイヤー内でそのシンボルに加えられた変更はスタイルに反映されず、スタイル内でそのシンボルに加えられた変更はレイヤー内のそのシンボルに反映されません。

したがって、元のスタイルを開いてマップを再描画する必要はありません。プロジェクト スタイルは、いつでも追加および削除できます。スタイルを削除しても、そのスタイルはファイルの場所から削除されません。プロジェクト スタイルは、ギャラリーに表示されるもののみを決定します。

スタイルの管理の詳細

プロジェクトには、さまざまな種類のスタイルを含めることができます。

システム スタイル

システム スタイルは、ArcGIS Pro とともにインストールされるスタイルです。システム スタイルは、Esri によって作成され、読み取り専用です。システム スタイル アイテムに直接変更を加えることはできませんが、そのアイテムを独自のスタイルにコピーして変更することができます。一部のシステム スタイル (ArcGIS 2D、ArcGIS 3D、ArcGIS カラー、および カラーパレット スキーマ (RGB)) は、デフォルトで新しいプロジェクトに追加されます。その他のシステム スタイルは使用可能ですが、明示的にプロジェクトに追加する必要があります。

PDF ドキュメントをダウンロードして、ArcGIS Pro のシステム スタイルに含まれているすべてのシンボルとスタイル アイテムを表示します。個々のスタイルに関する詳細な PDF ドキュメントについては、「Esri スタイル組織」をご参照ください。

レガシー:

ArcGIS 2D と ArcGIS 3D は、ArcGIS Pro 専用に作成されたスタイルです。これらは、ArcMapArcScene、および ArcGlobe で、それぞれデフォルトで参照されていた Esri、ArcSceneBasic、および 3D Billboards スタイルの代替として使用できます。これらのスタイルに含まれていた色は削除され、ArcGIS Colors という別のデフォルト スタイルに配置されています。

カスタム スタイル

システム スタイルではないスタイルは、カスタム スタイルです。カスタム スタイルは誰でも作成でき、デフォルトで編集可能です。ファイル システムまたはポータルからプロジェクトに、カスタム スタイルを追加できます。新しいカスタム スタイルを作成することもできます。プロジェクトをパッケージ化または共有する場合、カスタム プロジェクト スタイル (モバイル スタイルを含む) のみがパッケージ化されます。システム スタイルおよびユーザーのお気に入りのスタイルは含まれません。

お気に入りスタイル

お気に入りのスタイル お気に入りのスタイル は、常にプロジェクトで使用できます。これは削除できません。お気に入りのスタイルは、プロジェクト自体ではなく、ArcGIS ユーザー アカウントにリンクされているため、お気に入りのスタイルに格納されたアイテムはプロジェクト間で利用できます。お気に入りは、使用頻度の高いスタイル アイテムを格納したり、新しいスタイル アイテムを構築するためのテスト領域として使用したりすることができます。プロジェクトをパッケージ化または共有するときに、お気に入りのスタイルはプロジェクト スタイルとして含まれません。

レガシー:

ArcGIS Desktop の以前のバージョンでは、お気に入りのスタイルはパーソナル スタイルと呼ばれていました。

モバイル スタイル

モバイル スタイルは、モバイル アプリでの使用を目的にしていますが、ArcGIS Pro で使用することもできます。モバイル スタイルは、モバイル アプリで共有されるマップおよびシーンを作成する場合に最適です。

モバイル スタイルには、標準のスタイルにはない制限がいくつかあります。モバイル スタイルをモバイル アプリで使用した場合、ポイント シンボル、ライン シンボル、ポリゴン シンボル、および テキスト シンボル以外のスタイル アイテムはすべて無視されます。シンボルは、RGB 色 のみを参照します。フォントのグリフから構築されたすべての図形マーカー シンボル レイヤーはベクター変換され、フォントへの参照は削除されます。同様に、図形マーカー レイヤー内に存在するすべてのトゥルー カーブは、単純な頂点および直線セグメントに高密度化されます。

Web スタイル

Web スタイルは Web シーンで使用されます。ArcGIS Pro プロジェクト内のカスタム スタイルを Web スタイルとして ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise で 共有できます。Web スタイルのシンボルは、Web シーン ビューアーのシンボル ギャラリーに表示されます。スタイルを Web スタイルに共有するには、1 つの 3D モデル マーカー シンボル レイヤーで構成されるポイント シンボルのみが Web スタイルに含まれます。その他すべてのスタイル アイテムは破棄されます。詳細については、「Web スタイルの共有」をご参照ください。

スタイルのインポート

ArcMapArcGlobe、および ArcScene で使用されるスタイルは、基礎になるデータベース構造が異なるため、ArcGIS Pro で直接使用することはできません。ただし、スタイルを ArcGIS Pro にインポートすることはできます。インポートされたスタイルの ArcGIS Pro バージョンが作成されて、プロジェクトに自動的に追加されます。

ArcGIS Pro のスタイルは *.stylx ファイル拡張子が付けられ、スタイル アイコン スタイル ファイル (*.stylx) で識別されますが、ArcMapArcGlobe、および ArcScene のスタイルは *.style 拡張子が付けられ、スタイル アイコン スタイル ファイル で識別されます。

レガシー:

多くの古いスタイルは廃止されており、システム スタイルとして ArcGIS Pro に含まれていませんが、引き続きアクセスすることはできます。多くは ArcGIS Pro *.stylx 形式に変換され、「Esri スタイル組織」の ArcGIS Online に配置されています。[カタログ] ウィンドウの [ポータル] タブで [すべてのポータル] すべてのポータル をクリックし、「stylx」を検索して使用可能なすべてのスタイルを検索します。

または、ArcMap がインストールされている場合は、そのインストールに含まれているスタイルを ArcGIS Pro 形式にインポートできます。[挿入] タブの [スタイル] グループで [インポート] スタイル ファイルのインポート をクリックして、[install drive]:\Program Files (x86)\ArcGIS\Desktop<version#>\Styles を参照します。スタイル スタイル ファイル を選択して、[OK] をクリックします。ArcGIS Pro *.stylx バージョンのスタイルがホーム フォルダー内に作成されて、プロジェクトに追加されます。

レガシー:

ArcGIS Pro のスタイル (*.stylx) は、下位互換性がないため、ArcMap にインポートすることができません。

関連トピック