バッチ ジョブを属性ルールに変換

Data Reviewer のライセンスで利用可能。

バッチ ジョブとは、ArcMap のツールを使用して作成された、構成済みデータ チェックを格納するファイルです。 バッチ ジョブ構成は、[属性ルールにエクスポート] ツールを使用して、検証属性ルール構成に変換できます。 このツールは、マップに追加した後、[カタログ] ウィンドウのレビューアー バッチ ジョブ アイテムから利用できます。

注意:

このツールは、属性検証ルールを作成するためのソース データとしてのみバッチ ジョブ ファイルをサポートし、制約ルールはサポートしていません。

[属性ルールにエクスポート] ツールは、属性ルールとしてインポート可能なカンマ区切り値ファイル (.csv) を生成します。 .csv ファイルは、バッチ ジョブで参照されるすべてのルールを含むフィーチャクラスごとに生成されます。

[属性ルールにエクスポート] ツールは、バッチ ジョブに格納されたパラメーターとワークスペースに加え、出力ワークスペースに依存します。出力ワークスペースでは、バッチ ジョブのチェックを正常にエクスポートするために、.csv ファイルをインポートした属性ルールとして使用します。 データ サブタイプなどのソース情報は、バッチ ジョブ ファイルではなくデータベースに格納されるため、エクスポート操作の出力先ワークスペースを定義する作業は重要です。

備考

ツールを使用する際は、以下の点に注意してください。

  • バッチ ジョブ ファイルが検証済みであり、出力先ワークスペースとして使用するものと同じデータ ワークスペースをポイントしていることを確認します。
  • 属性ルールでサポートされていない計測単位を使用するバッチ ジョブ チェックは、自動的にメートルに変換されます。 計測単位は、属性ルールをインポートした後に変更できます。
  • バッチ ジョブのルール タイトルは 64 文字を超えることはできません。
  • .csv ファイルの保存先として同じ場所を選択している場合、.csv ファイルに正常に変換されたチェックのリストが含まれている生成された BatchJob_Summary.xml レポート ファイルは、ツールが実行されるたびに上書きされます。
  • サポートされていないチェック タイプまたはチェック パラメーターを使用するルールは変換されません。 ArcGIS Pro 3.0 では、サポートされていないチェックまたはチェック パラメーターには、次のものがあります。

    サポートされていない ArcMap チェックArcMap チェックでサポートされていないパラメーター
    • 接続性ルール
    • カスタム
    • 評価の範囲
    • 無効なイベント
    • 無効なホール フィーチャ
    • メタデータ
    • ポリラインまたはパスの自己閉合
    • サンプリング
    • トポロジ ルール
    • 結合価
    • マージ ([ジオメトリ間] チェック)
    • すべての属性の比較 ([ジオメトリ間] および [テーブル間属性] チェック)
    • 無視する属性 ([ジオメトリ間] および [テーブル間属性] チェック)
    • 属性チェック ([重複ジオメトリ] チェック)
    • 一意の ID (複数の入力フィーチャまたはオブジェクト クラス)
    • NULL パラメーターのチェック ([正規表現] チェック)
    • 検索目標: ホールのみ ([マルチパート ポリゴン] チェック)
    • 検索目標: パートとホールの両方 ([マルチパート ポリゴン] チェック)

  • [リレーションシップ] および [重複ジオメトリ] チェックでは、[属性の比較] オプションをオフにしたサブタイプの ArcMap で作成されたルールを変換するには、[属性ルールにエクスポート] ツールの [出力先ワークスペースの検証] パラメーターが必要です。
  • ArcGIS Pro でチェックの名前が変更されたか、新しい機能が追加された場合、次のチェック タイプは別の属性ルールに移行されます。

ArcMap チェック タイプ (構成)属性ルール チェック タイプ

重複ジオメトリ

重複フィーチャ

ジオメトリ間

フィーチャ間

無効なジオメトリ

ジオメトリのチェック

マルチパート ライン

パート数の評価

マルチパート ポリゴン

パート数の評価

ポリゴン オーバーラップ/ギャップがスリバー (ギャップの検索)

ポリゴン ギャップがスリバー

ポリゴン オーバーラップ/ギャップがスリバー (オーバーラップの検索)

ポリゴン オーバーラップがスリバー

ポリゴン オーバーラップ/ギャップがスリバー (両方)

ポリゴン ギャップがスリバー & ポリゴン オーバーラップがスリバー

一意の ID (単一の入力フィーチャ/オブジェクト クラス)

一意のフィールド値

レビューアー バッチ ジョブを属性ルールに変換するには、次の手順を実行します。

  1. ArcGIS Pro を起動します。
  2. 必要に応じ、ArcGIS Pro プロジェクトにレビューアー バッチ ジョブを追加します。
  3. バッチ ジョブ ファイルが正しいソース データ ワークスペースをポイントしていることを確認します。

    ソース データ ワークスペースは、出力先ワークスペースのスキーマと一致する必要があります。

    バッチ ジョブのデータ ソースの更新の詳細をご参照ください。

  4. [カタログ] ウィンドウで、変換するバッチ ジョブを右クリックし、[属性ルールにエクスポート] 属性ルールにエクスポート をクリックします。

    [バッチ ジョブを属性ルールにエクスポート] ウィンドウが表示されます。 [バッチ ジョブ ファイル] パラメーターに、デフォルトで選択したバッチ ジョブ ファイルが表示されます。

  5. [出力 CSV の場所] パラメーターの [参照] ボタン 参照 をクリックし、ツールが生成した .csv ファイルの保存場所を参照します。
  6. [出力先ワークスペースの検証] パラメーターの [参照] ボタン 参照 をクリックし、.csv ファイルをインポートするワークスペースを選択します。

    このワークスペースに、.csv ファイルを属性ルールとしてインポートします。

    ヒント:

    ソース情報 (データのサブタイプなど) がバッチ ジョブ ファイルではなくジオデータベースに保存されている場合、エクスポート操作の出力先ワークスペースを定義する必要があります。 ソース スキーマと出力先スキーマが一致する必要があります。

  7. [エクスポート] をクリックします。

    エクスポート操作により、.csv ファイルに正常に変換されたチェックのリストを含むサマリー ファイル (BatchJob_Summary.xml) が作成されます。 サマリー ファイルは、.csv ファイルの格納先として指定した場所にあります。

    所定のデータ ソースで、一意ではないチェック タイトルを持つバッチ ジョブは、出力 .csv ファイルで名前変更されます。

    エクスポート時に警告またはエラーが発生した場合、問題のあるチェックは、ツール ダイアログの [エラーと警告] セクションに示されます。 有効なチェックは、.csv ファイルの属性ルールとしてエクスポートされます。

これで、属性ルールのインポート ジオプロセシング ツールまたは属性ルール ビューの [ルールのインポート] ツールを使用し、.csv ファイルを属性ルールとしてインポートできます。 [タイトル] パラメーターのないルールは、CheckTypeName (InputDataSource, SecondaryDataSource...) のパターンに従って、インポート時に自動的に名前が変更されます。 ルールをインポートすると、必要に応じて編集し、データで実行できます。

関連トピック


このトピックの内容
  1. 備考