カラー コード レイヤー (Color Coded Layer) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

ビジネス、人口統計、消費者、地形の特性を記述した変数から、縮尺に応じた複数区画レベルの階級区分レイヤーを作成します。

[カラー コード レイヤー (Color Coded Layer)] ツールの図

使用法

  • マップの表示設定は、使用する分類方法によって異なります。 それぞれの分類方法については、パラメーター構文のドキュメントに詳しく記載されています。

  • デフォルトの分類フィールドの数は 5 です。 この設定は [クラス数] パラメーター内で変更できます。 通常、ブレーク数の範囲は 3 ~ 7 です。

  • 表示されている区画レベルは、マップ縮尺が変更されると、最適な区画レベルになるように自動的に調整されます。

  • 値の範囲が 0 ~ 300 のフィールドに対して 3 つのクラスを指定すると、アプリケーションは 0 ~ 100、101 ~ 200、201 ~ 300 という範囲の 3 つのクラスを作成します。

  • [等比間隔] 方法では、各クラスの要素数の二乗和を最小化してクラス閾値を作成するアルゴリズムが使用されます。 これにより、各クラスの範囲にクラスごとにほぼ同じ数の値が含まれ、間隔ごとの差が一定に保たれます。

  • 自然分類は、データ値の差異が比較的大きい部分に境界が設定されるようにクラスに分割されます。

  • [等量] 分類方法では、各クラスに同じ数のデータ値を割り当てます。 空のクラスや、値の数が多すぎたり少なすぎたりするクラスはありません。

  • Business Analyst データ は、集計とレポートに使用され、ジオプロセシング データ ソース環境設定を使用して指定されます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
分類変数

カラーコード マップとして表示する変数。

String
出力レイヤー名

マップに追加されるカラーコード レイヤーの名前。

String
分類方法

クラス閾値の計算に使用する方法を指定します。

  • 自然分類 (Jenks) —自然分類のクラスは、データの特徴に基づいて値を自然にグループ化します。 クラス閾値は、類似する値を最適にグループ化した上で、クラス間の差異を最大化するように設定されます。 これがデフォルトです。
  • 等量分類 —各クラスには同じ数のフィーチャが含まれます。 等量分類は、線形に分散しているデータに適しています。
  • 等間隔分類 —属性値の範囲が同じサイズのサブ範囲に分類されます。 これにより、間隔数を指定できるようになり、ArcGIS Pro で値の範囲に基づいてクラス閾値が自動的に決定されます。
  • 等比間隔 —等比級数となるクラスの間隔に基づいてクラス閾値が作成されます。 この分類法におけるジオメトリック係数を (逆数に) 変更して、クラスの範囲を最適化することができます。
String
クラス数

マップ上に表示されるデータ分類の区切れの数。 デフォルト値は 5 です。

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力レイヤー

出力レイヤーのコンテナー。

Group Layer

arcpy.ba.ColorCodedLayer(classification_variable, out_layer_name, classification_method, number_of_classes)
名前説明データ タイプ
classification_variable

カラーコード マップとして表示する変数。

String
out_layer_name

マップに追加されるカラーコード レイヤーの名前。

String
classification_method

クラス閾値の計算に使用する方法を指定します。

  • NATURAL_BREAKS自然分類のクラスは、データの特徴に基づいて値を自然にグループ化します。 クラス閾値は、類似する値を最適にグループ化した上で、クラス間の差異を最大化するように設定されます。 これがデフォルトです。
  • QUANTILE各クラスには同じ数のフィーチャが含まれます。 等量分類は、線形に分散しているデータに適しています。
  • EQUAL_INTERVAL属性値の範囲が同じサイズのサブ範囲に分類されます。 これにより、間隔数を指定できるようになり、ArcGIS Pro で値の範囲に基づいてクラス閾値が自動的に決定されます。
  • GEOMETRIC_INTERVAL等比級数となるクラスの間隔に基づいてクラス閾値が作成されます。 この分類法におけるジオメトリック係数を (逆数に) 変更して、クラスの範囲を最適化することができます。
String
number_of_classes

マップ上に表示されるデータ分類の区切れの数。 デフォルト値は 5 です。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_layer

出力レイヤーのコンテナー。

Group Layer

コードのサンプル

ColorCodedLayer (カラー コード レイヤー) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、ColorCodedLayer 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.baDataSource = "ONLINE;US;"
arcpy.ba.ColorCodedLayer("networth.mednw_cy", "CCL_NetWorth", "NATURAL_BREAKS", 5)
統計データ コレクション変数を指定した ColorCodedLayer (カラー コード レイヤー) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、統計データ コレクション変数を指定して ColorCodedLayer 関数を使用する例を示しています。

import arcpy
arcpy.env.baDataSource = "USA_ESRI_2018"
arcpy.ba.ColorCodedLayer(r"c:\users\<User ID>\documents\arcgis\projects\my_project\bayarea_proprietarydata.sdcx/sales_s01_sales", "sales_s01_sales Layer", "NATURAL_BREAKS", 5)

関連トピック