ターゲット グループを作成 (Create Target Group) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

新規ターゲット グループを作成します。ターゲット グループは、ローカルにインストールされた Business Analyst データセットからセグメントを作成、命名、入力するセグメントを格納するコンテナーです。

使用法

  • 出力の [ターゲット グループ] パラメーターには、1 つ以上のターゲットが含まれます。

  • 入力の [ターゲット] パラメーターはセグメントの集まりです。

  • セグメント ID は、ターゲットに複数割り当てられている場合、「1C; 3A; 9B」のようにセミコロンで区切られます。

  • ターゲットの色は、16 進値で定義されます。たとえば、rgb (66, 135, 245) の RGB 値の 16 進数のカラー コードは #4287f5 です。16 進数のコードが入力されない場合、デフォルトの配色が適用されます。

  • このツールの出力は新規ターゲット グループ (*.sgtargetgroup) です。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
出力ターゲット グループ

出力ターゲット グループ ファイルの名前。

File
ターゲット

新規ターゲット グループに追加するターゲットのリストを指定します。

  • 名前 - ターゲットの名前。
  • セグメント - ターゲットに追加されるセグメント。
  • - セグメントに関連付けられた色。

Value Table

arcpy.ba.CreateTargetGroup(target_group, input_type)
名前説明データ タイプ
target_group

出力ターゲット グループ ファイルの名前。

File
input_type
[input_type,...]

新しいターゲット グループに追加するターゲットのリストを指定します。

  • name - ターゲットの名前。
  • segments - ターゲットに追加されるセグメント。
  • color - セグメントに関連付けられた色。
Value Table

コードのサンプル

CreateTargetGroup (ターゲット グループを作成) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、CreateTargetGroup 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.CreateTargetGroup_ba(r"C:\ArcGIS\Projects\MyProject\SanFranAnalysisTG.sgtargetgroup, "Core 1A FCC5FC")

関連トピック