レイヤーへの情報付加 (Enrich Layer) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

データの場所の周囲または内部にある人々や場所に関する人口統計および地勢要素を追加して、データに情報を付加します。

注意:

  • [レイヤーへの情報付加 (Enrich Layer)] は、集約および割り当ての詳細な設定を使用してデータを集計します。
  • このツールは、ArcGIS OnlineBusiness Analyst データ ソースとして設定されている場合、クレジットを消費します。

レイヤーへの情報付加 (Enrich Layer) ツールの図

使用法

  • 入力ポイント フィーチャには、情報付加対象の関連する境界ポリゴンが必要です。

  • [出力フィーチャクラス] 値は [入力フィーチャ] 値を複製したもので、属性フィールドが追加されています。

  • 人口統計データおよび状勢データは、ArcGIS Online またはローカルにインストールされた Business Analyst データから取得できます。

  • ArcGIS Online にサイン インするか、Business Analyst データ がインストールされている必要があります。

  • 出力は、すべてのフィーチャと属性のコピーおよび選択された属性が追加された入力からのフィーチャです。

  • Business Analyst データ は、集計とレポートに使用され、ジオプロセシング データ ソース環境設定を使用して指定されます。

  • ArcGIS Online にサイン インしている場合、ポイントを入力フィーチャとして使用していると、[レイヤーへの情報付加 (Enrich Layer)] はダイナミック移動モードをサポートします。 移動モードは、運転時間や徒歩時間などのポリゴンを構築するために使用され、データが付加されます。 詳細については、Network Analyst ヘルプの「移動モード」をご参照ください。

  • 統計データ コレクション (カスタムデータ) とカスタム計算がサポートされています。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

情報付加対象のフィーチャ。

Feature Layer
出力フィーチャクラス

入力属性およびユーザーが選択した属性の両方を含む出力レイヤーです。 選択した属性は、基になる人口統計境界から集計されます。 入力境界内の領域のみが考慮されます。

Feature Class
変数

集計され出力フィーチャクラスに追加される 1 つ以上の変数。

String
情報を付加するエリアの定義
(オプション)

情報を付加するエリアを定義します。 デフォルト値は Straight Line です。

ArcGIS Online にサイン インしていると、移動モード オプションは動的に設定されます。 入力ライン フィーチャでは、Straight Line 距離計算方法しか使用できません。

String
距離または時間
(オプション)

情報付加する対象の領域の距離またはサイズ (たとえば、1 マイルのバッファーや 5 分の歩行時間)。 ポリゴン タイプに対応する単位。 デフォルト値は 1 です。

Double
単位
(オプション)

[距離または時間] パラメーターに関連付けられた単位。 デフォルト値は [キロメートル] です。

String

arcpy.ba.EnrichLayer(in_features, out_feature_class, variables, {buffer_type}, {distance}, {unit})
名前説明データ タイプ
in_features

情報付加対象のフィーチャ。

Feature Layer
out_feature_class

入力属性およびユーザーが選択した属性の両方を含む出力レイヤーです。 選択した属性は、基になる人口統計境界から集計されます。 入力境界内の領域のみが考慮されます。

Feature Class
variables
[variables,...]

集計され出力フィーチャクラスに追加される 1 つ以上の変数。

String
buffer_type
(オプション)

情報を付加するエリアを定義します。 デフォルト値は Straight Line です。

ArcGIS Online にサイン インしていると、移動モード オプションは動的に設定されます。 入力ライン フィーチャでは、Straight Line 距離計算方法しか使用できません。

String
distance
(オプション)

情報付加する対象の領域の距離またはサイズ (たとえば、1 マイルのバッファーや 5 分の歩行時間)。 ポリゴン タイプに対応する単位。 デフォルト値は 1 です。

Double
unit
(オプション)

distance パラメーターに関連付けられた単位。 デフォルト値は Kilometers です。

String

コードのサンプル

EnrichLayer (レイヤーへの情報付加) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、EnrichLayer 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.baDataSource = "ONLINE;US;"
arcpy.ba.EnrichLayer("TradeArea75pct", r"C:\Temp\Output.gdb\Trade_Area75_Enriched", "populationtotals.totpop_cy", None, 1, None)
EnrichLayer (レイヤーへの情報付加) の例 2 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、統計データ コレクション変数を指定して EnrichLayer 関数を使用する例を示しています。

import arcpy
arcpy.env.baDataSource = "USA_ESRI_2018"
arcpy.ba.EnrichLayer("TradeArea1", "TradeArea1_Enrich", r" C:\Users\<USER ID>\Documents\ArcGIS\Projects\My_Project\BayArea_ProprietaryData.sdcx/sales_s01_sales", None, 1, None)

関連トピック