スパイダー ダイアグラムの生成 (Generate Desire Lines) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

各顧客から関連する店舗の位置までの一連のラインを生成します。 これらのラインは、多くの場合、スパイダー ダイアグラムと呼ばれます。

注意:

このツールは、[OD リンクの生成 (Generate Origin-Destination Links)] ツールに類似しており、[解析 (Analysis)] ツールボックスの [近接 (Proximity)] ツールセットから使用できます。

[スパイダー ダイアグラムの生成 (Generate Desire Lines)] ツールの図

使用法

  • 店舗レイヤーおよび顧客レイヤーは、ポイント フィーチャクラスである必要があります。

  • 運転時間と運転距離を使用してスパイダー ダイアグラムを生成すると、直線 (ユークリッド) 距離を使用した場合よりも時間がかかります。

  • 出力には、[店舗レイヤー] パラメーターと [顧客レイヤー] パラメーターの値間の空間分布が表示され、それぞれの店舗と顧客の間の距離値の計算結果が示されます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
店舗レイヤー

店舗または施設の位置を表す入力ポイント レイヤー。

Feature Layer
顧客レイヤー

顧客または利用者を表す入力ポイント レイヤー。

Feature Layer
出力フィーチャクラス

生成されたフィーチャクラスが [コンテンツ] ウィンドウに追加されます。

Feature Class
店舗 ID フィールド

店舗または施設の位置を表す一意の ID フィールド。

Field
関連付けられた店舗 ID フィールド

個別の顧客を店舗に割り当てるために使用される ID フィールド。

Field
距離タイプ
(オプション)

距離の計算に使用される移動方法。 直線がデフォルト値です。

Portal for ArcGIS またはローカル データ ソースを使用する場合、移動モード オプションが動的に追加されます。

String
計測単位
(オプション)

最小距離の計算時に使用される距離計測単位または時間計測単位のタイプ。

String
カットオフ
(オプション)

範囲外と見なされたため、顧客がスパイダー ダイアグラムの生成時に検討から除外される距離。

Double
移動方向
(オプション)

店舗と需要地点の間で使用される移動方向を指定します。

  • 店舗へ —移動方向は需要地点から店舗の方向になります。 これがデフォルトです。
  • 店舗から —移動方向は店舗から需要地点の方向になります。
String
時刻
(オプション)

移動を開始する時刻。

Date
タイム ゾーン
(オプション)

[時刻] パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。 特定の時刻 (たとえば今) に最適の位置を選択したいが、店舗または需要地点のタイム ゾーンがわからない場合は、このオプションを選択します。
  • 場所のローカル タイム —店舗または需要地点が位置するタイム ゾーンが使用されます。 [移動方向] が [店舗から] の場合は、店舗のタイム ゾーンになります。 [移動方向] が [店舗へ] の場合は、需要地点のタイム ゾーンになります。 これがデフォルトです。
  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。 特定の時刻 (たとえば今) に最適の位置を選択したいが、店舗または需要地点のタイム ゾーンがわからない場合は、このオプションを選択します。
  • 場所のローカル タイム —店舗または需要地点が位置するタイム ゾーンが使用されます。 [travel_direction] が [AWAY_FROM_STORES] の場合は、店舗のタイム ゾーンになります。 [travel_direction] が [TOWARD_STORES] の場合は、需要地点のタイム ゾーンになります。 これがデフォルトです。
String

arcpy.ba.DesireLines(in_stores_layer, in_customers_layer, out_feature_class, store_id_field, link_field, {distance_type}, {units}, {cutoff}, {travel_direction}, {time_of_day}, {time_zone})
名前説明データ タイプ
in_stores_layer

店舗または施設の位置を表す入力ポイント レイヤー。

Feature Layer
in_customers_layer

顧客または利用者を表す入力ポイント レイヤー。

Feature Layer
out_feature_class

生成されたフィーチャクラスが [コンテンツ] ウィンドウに追加されます。

Feature Class
store_id_field

店舗または施設の位置を表す一意の ID フィールド。

Field
link_field

個別の顧客を店舗に割り当てるために使用される ID フィールド。

Field
distance_type
(オプション)

距離の計算に使用される移動方法。 直線がデフォルト値です。

Portal for ArcGIS またはローカル データ ソースを使用する場合、移動モード オプションが動的に追加されます。

String
units
(オプション)

最小距離の計算時に使用される距離計測単位または時間計測単位のタイプ。

String
cutoff
(オプション)

範囲外と見なされたため、顧客がスパイダー ダイアグラムの生成時に検討から除外される距離。

Double
travel_direction
(オプション)

店舗と需要地点の間で使用される移動方向を指定します。

  • TOWARD_STORES移動方向は需要地点から店舗の方向になります。 これがデフォルトです。
  • AWAY_FROM_STORES移動方向は店舗から需要地点の方向になります。
String
time_of_day
(オプション)

移動を開始する時刻。

Date
time_zone
(オプション)

time_of_day パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • UTC協定世界時 (UTC) が使用されます。 特定の時刻 (たとえば今) に最適の位置を選択したいが、店舗または需要地点のタイム ゾーンがわからない場合は、このオプションを選択します。
  • TIME_ZONE_AT_LOCATION店舗または需要地点が位置するタイム ゾーンが使用されます。 [travel_direction][AWAY_FROM_STORES] の場合は、店舗のタイム ゾーンになります。 [travel_direction][TOWARD_STORES] の場合は、需要地点のタイム ゾーンになります。 これがデフォルトです。
String

コードのサンプル

DesireLines (スパイダー ダイアグラム) の例 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、DesireLines 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.baDataSource = "ONLINE;US;"
arcpy.ba.DesireLines("Hubs", "grocery stores", r"C:\Temp\Output.gdb\Hubs_DesireLines", "Loc_name", "Loc_name", "STRAIGHT_LINE_DISTANCE", "MILES", 15, "TOWARD_STORES", None, "TIME_ZONE_AT_LOCATION")

関連トピック