ハフ モデルのキャリブレーション (Huff Model Calibration) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

[ハフ モデル (Huff Model)] ツールで使用する指数値を計算します。

使用法

  • 出力指数は、既存施設の魅力度の値と、顧客ポイントとの空間リレーションシップに基づいています。

  • 顧客ポイント データは必須の入力です。

  • [ハフ モデルのキャリブレーション (Huff Model Calibration)] 出力は [カタログ] ウィンドウの Business Analyst コンテナーに保存されます。

  • 指数値は、入力で定義された市場に相関関係があります。 指数値は他の市場にも適用できますが、その場合は信頼度が低くなります。

  • [ハフ モデルのキャリブレーション (Huff Model Calibration)] 出力は [ハフ モデル (Huff Model)] ツールに適用できます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力施設フィーチャ

競合相手や既存店舗を表す入力ポイント フィーチャクラス。

Feature Layer
施設 ID フィールド

店舗または施設の位置を表す一意の ID フィールド。

Field
入力顧客フィーチャ

顧客の位置を表す入力ポイント フィーチャクラス。

Feature Layer
関連付けられた施設 ID フィールド

個々の顧客を施設や店舗に割り当てる ID として使用されるフィールド。

Field
入力ポテンシャル フィーチャ

見込み販売市場を特定するために使用する入力ポリゴン フィーチャクラス。

Feature Layer
ポテンシャル ID フィールド

見込み販売地域を表す一意の ID フィールド。

Field
出力キャリブレーション

キャリブレーション済みのハフ モデルの結果 (魅力度の変数や距離の指数値) を含む出力キャリブレーション ファイル。 出力ファイルの拡張子は **.huffmodel です。

File
魅力度の変数

各競合相手の魅力度を指定するために使用されるフィールド。 多くの場合、店舗の規模が魅力度の代わりに使用されます。

Value Table
顧客加重フィールド
(オプション)

各顧客に割り当てられた計算済みの加重値フィールド。

Field
距離タイプ
(オプション)

距離の計算に使用される移動方法。 デフォルト値は、[直線] です。

String
距離単位
(オプション)

距離の計算に使用される距離計測単位。

String
移動方向
(オプション)

店舗と売上ポテンシャル フィーチャの間で使用される移動方向を指定します。

  • 店舗へ —移動方向は、売上ポテンシャル フィーチャから店舗に向けられます。 これがデフォルトです。
  • 店舗から —移動方向は、店舗から売上ポテンシャル フィーチャに向けられます。
String
時刻
(オプション)

距離を計算するときに使用される日時。

Date
タイム ゾーン
(オプション)

[時刻] パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • 位置のタイム ゾーン —テリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。 これがデフォルトです。
  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。
  • 位置のタイム ゾーン —テリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。 これがデフォルトです。
  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。
String

arcpy.ba.HuffModelCalibration(in_facility_features, facility_id_field, in_customer_features, link_field, in_sales_potential_features, sales_potential_id_field, out_calibration, attractiveness_variables, {customer_weight_field}, {distance_type}, {distance_units}, {travel_direction}, {time_of_day}, {time_zone})
名前説明データ タイプ
in_facility_features

競合相手や既存店舗を表す入力ポイント フィーチャクラス。

Feature Layer
facility_id_field

店舗または施設の位置を表す一意の ID フィールド。

Field
in_customer_features

顧客の位置を表す入力ポイント フィーチャクラス。

Feature Layer
link_field

個々の顧客を施設や店舗に割り当てる ID として使用されるフィールド。

Field
in_sales_potential_features

見込み販売市場を特定するために使用する入力ポリゴン フィーチャクラス。

Feature Layer
sales_potential_id_field

見込み販売地域を表す一意の ID フィールド。

Field
out_calibration

キャリブレーション済みのハフ モデルの結果 (魅力度の変数や距離の指数値) を含む出力キャリブレーション ファイル。 出力ファイルの拡張子は **.huffmodel です。

File
attractiveness_variables
[attractiveness_variables,...]

各競合相手の魅力度を指定するために使用されるフィールド。 多くの場合、店舗の規模が魅力度の代わりに使用されます。

Value Table
customer_weight_field
(オプション)

各顧客に割り当てられた計算済みの加重値フィールド。

Field
distance_type
(オプション)

距離の計算に使用される移動方法。 デフォルト値は Straight Line です。

String
distance_units
(オプション)

距離の計算に使用される距離計測単位。

String
travel_direction
(オプション)

店舗と売上ポテンシャル フィーチャの間で使用される移動方向を指定します。

  • TOWARD_STORES移動方向は、売上ポテンシャル フィーチャから店舗に向けられます。 これがデフォルトです。
  • AWAY_FROM_STORES移動方向は、店舗から売上ポテンシャル フィーチャに向けられます。
String
time_of_day
(オプション)

距離を計算するときに使用される日時。

Date
time_zone
(オプション)

time_of_day パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • TIME_ZONE_AT_LOCATIONテリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。 これがデフォルトです。
  • UTC協定世界時 (UTC) が使用されます。
String

コードのサンプル

HuffModelCalibration (ハフ モデルのキャリブレーション) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、HuffModelCalibration 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.HuffModelCalibration("starbucks_layer", "IDField", "potential_store_layer", "IDField", "HuffModelTestData.gdb\CT", "IDField", "TOTPOP_CY", "Starbucks_HuffModel", "SALES # 1", -1.5, "STRAIGHT_LINE_DISTANCE", "MILES", None, "TOWARD_STORES", None, "TIME_ZONE_AT_LOCATION")

関連トピック