ハフ モデル (Huff Model) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

距離と魅力度となる変数に基づいて地域のセールス ポテンシャルを予測するための確率サーフェスを作成します。

使用法

  • [入力施設フィーチャ] パラメーター レイヤーは、競合店舗または既存店舗を表すポイント レイヤーです。

  • [入力候補地フィーチャ] パラメーター レイヤーは、評価する潜在店舗レイヤーを表すポイント レイヤーです。

  • [ハフ モデル (Huff Model)] ツールは、解析では [入力施設フィーチャ] パラメーター レイヤー内のすべての位置を考慮しますが、[入力候補地フィーチャ] パラメーター レイヤー内の 1 つのフィーチャのみを考慮します。 [入力施設フィーチャ] パラメーター レイヤーまたは [入力候補地フィーチャ] パラメーター レイヤーのいずれかを選択することによって、解析での位置を制限できます。

  • 解析に使用される魅力度の値は、[入力施設フィーチャ] パラメーターおよび [入力候補地フィーチャ] パラメーターの同じフィールドである必要があります。

  • [入力ポテンシャル フィーチャ] パラメーター レイヤーには、売上ポテンシャルを表す数値フィールドを含むポイント レイヤーまたはポリゴン レイヤーを使用できます。 売上ポテンシャルは、たとえば、可処分所得、人口、または任意のその他の変数に基づくことができます。

  • [レイヤーへの情報付加 (Enrich Layer)] ツールを使用して、[入力ポテンシャル フィーチャ] パラメーター レイヤーを生成できます。

  • 測地距離が距離の計算に使用されます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力施設フィーチャ

既存施設の位置を表す入力ポイント フィーチャ レイヤー。 これは、レイヤーの最初のフィーチャ、または選択できる場合は、選択したフィーチャです。

Feature Layer
施設 ID フィールド

既存施設の一意の ID フィールド。

Field
入力候補地フィーチャ

新しい候補施設の位置を表す入力ポイント フィーチャ レイヤー。 これは、レイヤーの最初のフィーチャ、または選択できる場合は、選択したフィーチャです。

Feature Layer
候補地 ID フィールド

候補施設の一意の ID フィールド。

Field
入力ポテンシャル フィーチャ

売上ポテンシャルの計算に使用される入力ポイント フィーチャ レイヤーまたは入力ポリゴン フィーチャ レイヤー。 これは、レイヤーのすべてのフィーチャ、または選択できる場合は、選択したフィーチャのみです。

Feature Layer
ポテンシャル ID フィールド

売上ポテンシャル フィーチャの一意の ID フィールド。

Field
ポテンシャル フィールド

このフィールドには、売上ポテンシャルの計算に使用される値が含まれています。

Field
出力フィーチャクラス

売上の確率を表すツールの結果を格納する出力フィーチャクラス。

Feature Class
魅力度の変数

各競合店舗の魅力度を示す属性フィールド。 多くの場合、施設のサイズが、魅力度の代替として使用され、複数値テーブルになります。

追加の魅力度の変数が必要です。 既存施設 (競合店舗) レイヤーおよび候補施設レイヤーには、魅力度フィールドが存在する必要があります。

  • Existing Facilities Value - 魅力度を表す [入力施設フィーチャ] パラメーター レイヤー内の数値フィールド。
  • Candidates Location Value - [入力施設レイヤー] パラメーター レイヤーの魅力度の値に一致する [入力候補地フィーチャ] パラメーター レイヤー内の数値フィールド。 距離は、一致フィールドを必要としません。
  • Exponent - 変数が魅力度の値に与える影響度を決定する値。 デフォルト値は 1 です。
Value Table
距離指数

距離が増加すると魅力度が減少するため、距離指数は通常、負の数値です。 デフォルト値は -1.5 です。

Double
距離タイプ
(オプション)

使用される移動方法に基づく、距離のタイプ。 デフォルト値は Straight Line です。

String
距離単位
(オプション)

距離の計算に使用される距離計測単位。

String
出力距離マトリックス
(オプション)

距離計算のマトリックス テーブルの名前と場所。 [入力施設フィーチャ] パラメーターおよび [入力候補地フィーチャ] パラメーターの ID は、一意である必要があります。

Table
移動方向
(オプション)

店舗と売上ポテンシャル フィーチャの間で使用される移動方向を指定します。

  • 店舗へ —移動方向は、売上ポテンシャル フィーチャから店舗に向けられます。 これがデフォルトです。
  • 店舗から —移動方向は、店舗から売上ポテンシャル フィーチャに向けられます。
String
時刻
(オプション)

距離を計算するときに使用される日時。

Date
タイム ゾーン
(オプション)

[時刻] パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • 位置のタイム ゾーン —テリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。 これがデフォルトです。
  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。
  • 位置のタイム ゾーン —テリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。 これがデフォルトです。
  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。
String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
予測値

出力モデル。

Double

arcpy.ba.HuffModel(in_facility_features, facility_id_field, in_candidate_features, candidate_id_field, in_sales_potential_features, sales_potential_id_field, sales_potential_field, out_feature_class, attractiveness_variables, distance_exponent, {distance_type}, {distance_units}, {out_distance_matrix}, {travel_direction}, {time_of_day}, {time_zone})
名前説明データ タイプ
in_facility_features

既存施設の位置を表す入力ポイント フィーチャ レイヤー。 これは、レイヤーの最初のフィーチャ、または選択できる場合は、選択したフィーチャです。

Feature Layer
facility_id_field

既存施設の一意の ID フィールド。

Field
in_candidate_features

新しい候補施設の位置を表す入力ポイント フィーチャ レイヤー。 これは、レイヤーの最初のフィーチャ、または選択できる場合は、選択したフィーチャです。

Feature Layer
candidate_id_field

候補施設の一意の ID フィールド。

Field
in_sales_potential_features

売上ポテンシャルの計算に使用される入力ポイント フィーチャ レイヤーまたは入力ポリゴン フィーチャ レイヤー。 これは、レイヤーのすべてのフィーチャ、または選択できる場合は、選択したフィーチャのみです。

Feature Layer
sales_potential_id_field

売上ポテンシャル フィーチャの一意の ID フィールド。

Field
sales_potential_field

このフィールドには、売上ポテンシャルの計算に使用される値が含まれています。

Field
out_feature_class

売上の確率を表すツールの結果を格納する出力フィーチャクラス。

Feature Class
attractiveness_variables
[[existing_facilities_value, candidates_location_value, exponent],...]

各競合店舗の魅力度を示す属性フィールド。 多くの場合、施設のサイズが、魅力度の代替として使用され、複数値テーブルになります。

追加の魅力度の変数が必要です。 既存施設 (競合店舗) レイヤーおよび候補施設レイヤーには、魅力度フィールドが存在する必要があります。

  • existing_facilities_value - 魅力度を表す in_facility_features パラメーター レイヤー内の数値フィールド。
  • candidates_location_value - in_facility_features パラメーター レイヤーの魅力度の値に一致する in_candidate_features パラメーター レイヤー内の数値フィールド。 距離は、一致フィールドを必要としません。
  • exponent - 変数が魅力度の値に与える影響度を決定する値。 デフォルト値は 1 です。
Value Table
distance_exponent

距離が増加すると魅力度が減少するため、距離指数は通常、負の数値です。 デフォルト値は -1.5 です。

Double
distance_type
(オプション)

使用される移動方法に基づく、距離のタイプ。 デフォルト値は Straight Line です。

String
distance_units
(オプション)

距離の計算に使用される距離計測単位。

String
out_distance_matrix
(オプション)

距離計算のマトリックス テーブルの名前と場所。 in_facility_features パラメーターおよび in_candidate_features パラメーターの ID は、一意である必要があります。

Table
travel_direction
(オプション)

店舗と売上ポテンシャル フィーチャの間で使用される移動方向を指定します。

  • TOWARD_STORES移動方向は、売上ポテンシャル フィーチャから店舗に向けられます。 これがデフォルトです。
  • AWAY_FROM_STORES移動方向は、店舗から売上ポテンシャル フィーチャに向けられます。
String
time_of_day
(オプション)

距離を計算するときに使用される日時。

Date
time_zone
(オプション)

time_of_day パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • TIME_ZONE_AT_LOCATIONテリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。 これがデフォルトです。
  • UTC協定世界時 (UTC) が使用されます。
String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_predicted_sales

出力モデル。

Double

コードのサンプル

HuffModel (ハフ モデル) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、HuffModel 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.HuffModel("starbucks_layer", "IDField", "potential_store_layer", "IDField", "HuffModelTestData.gdb\CT", "IDField", "TOTPOP_CY", "Starbucks_HuffModel", "SALES # 1", -1.5, "STRAIGHT_LINE_DISTANCE", "MILES", None, "TOWARD_STORES", None, "TIME_ZONE_AT_LOCATION")

関連トピック