オーバーラップ測定 (Measure Cannibalization) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

2 つ以上のポリゴンのオーバーラップ量を計算します。 オーバーラップは、交差部分上のポリゴンの範囲を示します。

オーバーラップした統計情報を詳しく記載したレポートを必要に応じて作成できます。

オーバーラップ測定 (Measure Cannibalization) ツールの図

使用法

  • オーバーラップ面積を表すメトリクスは、出力フィーチャクラスおよびオプションのレポートに属性として含まれています。

  • データ ブラウザーから人口統計変数とライフスタイル変数を選択し、影響を受けるポリゴンの割合を定義する追加のフィールドを出力に返すことができます。

  • 出力属性テーブルには、入力ポリゴン間の各オーバーラップの発生を示すレコードが含まれています。

  • デフォルトでは、4 つのメトリクスでオーバーラップ面積の割合を比較し、出力の個々のフィールドに返します。

    • A1 - 面積の割合: ID 2 に対する ID 1 (ポリゴン ID1 の面積/ポリゴン ID2 の面積)
    • A2 - オーバーラップしている面積の割合 (ポリゴン ID1 とポリゴン ID2 の交差部分の面積/ポリゴン ID1 とポリゴン ID2 の和集合の面積)
    • A3 - ID 2 に含まれる ID 1 の面積の割合 (ポリゴン ID1 とポリゴン ID2 の交差部分の面積/ポリゴン ID1 の面積)
    • A4 - ID 1 に含まれる ID 2 の面積の割合 (ポリゴン ID1 とポリゴン ID2 の交差部分の面積/ポリゴン ID2 の面積)

  • データ ブラウザーから変数を選択し、追加のメトリクスとして出力に含めることができます。

  • 追加のメトリクスを選択すると、5 つの追加の出力フィールドが返されます。 1 つ目のフィールドには、オーバーラップ エリア内の変数の値が含まれています。 他の 4 つのフィールドは、標準メトリクスのパターンに準拠しているものの、面積ではなく変数値を使用します。

    たとえば、今年の人口を使用すると、5 つの追加のメトリクス フィールドは次のようになります。

    • populationtotals_totpop_cy - オーバーラップ エリア内の人口
    • populationtotals_totpop_cy_A1 - 人口の割合 (ID 2 に対する ID 1)
    • populationtotals_totpop_cy_A2 - オーバーラップ エリアの人口の割合
    • populationtotals_totpop_cy_A3 - ID 2 に含まれる ID 1 の人口の割合
    • populationtotals_totpop_cy_A4 - ID 2 に含まれる ID 2 の人口の割合

  • ポリゴンがオーバーラップしていない場合、出力フィーチャクラスにはジオメトリもレコードも含まれません。 出力フィーチャクラスには、入力でオーバーラップしているジオメトリだけが含まれます。

  • ポリゴンは 1 つのフィーチャクラスから取得する必要があります。 [マージ] ツールを使用して、複数のフィーチャクラスを 1 つのフィーチャクラスにマージできます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

オーバーラップに関する解析の対象となる入力ポリゴン フィーチャ。

Feature Layer
商圏 ID

入力レイヤー内の各フィーチャを一意に識別するフィールド。

Field
商圏説明

入力レイヤー内の各フィーチャを説明するフィールド。

Field
出力フィーチャクラス

入力レイヤー内でオーバーラップしているエリアが含まれる出力フィーチャクラス。

Feature Class
店舗 ID フィールド
(オプション)

入力が商圏である場合に店舗を各ポリゴンに関連付ける一意の ID。

Field
レポートの作成
(オプション)

レポートを生成するかどうかを指定します。

  • オン - レポートが生成されます。
  • オフ - レポートが生成されません。 これがデフォルトです。
Boolean
レポート タイトル
(オプション)

レポートのタイトル。 デフォルト値は Measure Cannibalization です。

String
出力レポート フォルダー
(オプション)

レポートが保存される出力位置。

Folder
レポート出力形式
(オプション)

レポートの出力形式。

String
変数
(オプション)

追加のオーバーラップ メトリクスの計算に使用される 1 つ以上の変数。例: 交差エリア内の人口と世帯の合計数、オーバーラップ エリアに分類される商圏内の人口と世帯の合計数のパーセンテージ。

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力レポート

出力レポート ファイル。

File

arcpy.ba.MeasureCannibalization(in_features, area_id_field, area_description_field, out_feature_class, {store_id_field}, {create_report}, {report_title}, {report_folder}, {report_format}, {variables})
名前説明データ タイプ
in_features

オーバーラップに関する解析の対象となる入力ポリゴン フィーチャ。

Feature Layer
area_id_field

入力レイヤー内の各フィーチャを一意に識別するフィールド。

Field
area_description_field

入力レイヤー内の各フィーチャを説明するフィールド。

Field
out_feature_class

入力レイヤー内でオーバーラップしているエリアが含まれる出力フィーチャクラス。

Feature Class
store_id_field
(オプション)

入力が商圏である場合に店舗を各ポリゴンに関連付ける一意の ID。

Field
create_report
(オプション)

レポートを生成するかどうかを指定します。

  • CREATE_REPORTレポートが生成されます。
  • DO_NOT_CREATE_REPORTレポートが生成されません。 これがデフォルトです。
Boolean
report_title
(オプション)

レポートのタイトル。 デフォルト値は Measure Cannibalization です。

String
report_folder
(オプション)

レポートが保存される出力位置。

Folder
report_format
[report_format,...]
(オプション)

レポートの出力形式。

String
variables
[variables,...]
(オプション)

追加のオーバーラップ メトリクスの計算に使用される 1 つ以上の変数。例: 交差エリア内の人口と世帯の合計数、オーバーラップ エリアに分類される商圏内の人口と世帯の合計数のパーセンテージ。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
output_report

出力レポート ファイル。

File

コードのサンプル

MeasureCannibalization (オーバーラップ測定) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、MeasureCannibalization 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.MeasureCannibalization("SF_Stores_Rings", "AREA_ID", "AREA_DESC",
                                r"C:\ MyProject1\MyProject1.gdb\SF_Stores_RIngs_MeasureCannibalization",
                                "STORE_ID", "CREATE_REPORT",
                                "Measure Cannibalization",
                                r"C:\ MyProject1\MeasureCannibalization", "PDF")

関連トピック