Image Server レイヤーの作成 (Make Image Server Layer) (データ管理)

サマリー

イメージ サービスからテンポラリ ラスター レイヤーを作成します。作成されるレイヤーは、ドキュメントを保存しておかない限り、セッション後に削除されます。

Image Server への SOAP URL も、入力として使用できます。

使用法

  • このツールを使用すると、イメージ サービスから画像レイヤーを作成することも、あるいはイメージ サービスを参照する URL を作成することもできます。

  • 出力はイメージ サービス全体または一部のどちらかです。

  • このツールは、イメージ サービスを Python スクリプトやモデルに追加する場合や、ジオプロセシング サービスを作成するときに使用します。

  • イメージ サービスの一部をクリップする際は、出力範囲レイヤーを選択するか、矩形範囲を指定してください。出力範囲レイヤーを選択すると、そのレイヤーの範囲に基づいてクリップ範囲が選択されます。

  • バンドのサブセットだけを対象範囲として、出力を作成することもできます。そのように対象範囲を限定すると、時間とディスク領域の節約に役立ちます。

  • モザイク オプションが使用可能になるのは、格納されているイメージ サービスが、モザイク定義またはイメージ サービス定義から生成された場合です。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力イメージ サービス

入力イメージ サービスの名前、またはイメージ サービスを参照する SOAP URL。入力イメージ サービスの場所を参照して選択するか、または入力します。このツールでは、イメージ サービスを参照する SOAP URL も指定できます。

ProjectX というイメージ サービスの使用例は C:\MyProject\ServerConnection.ags\ProjectX.ImageServer です。

URL の例は、次のとおりです。http://AGSServer:8399/arcgis/services/ISName/ImageServer

Image Service; String
出力 Image Server レイヤー

出力イメージ レイヤーの名前。

Raster Layer
テンプレート範囲
(オプション)

イメージ レイヤーの出力範囲。

  • [デフォルト] - すべての関連する入力の最大範囲に基づく範囲とします。これがデフォルトです。
  • [現在の表示範囲] - 範囲がデータ フレームまたは表示範囲と同じになります。アクティブなマップが存在しない場合、このオプションは使用できません。
  • [以下の指定に一致] - この範囲は、指定された最小および最大範囲値に基づきます。
  • [参照] - 範囲は、既存のデータセットに基づきます。
Extent
バンド
(オプション)

そのレイヤーについて、どのバンドをエクスポートするかを選択します。 バンドを指定しない場合は、すべてのバンドが出力で使用されます。

Value Table
モザイク手法
(オプション)

さまざまなラスターからどのようなモザイクを作成するのかについては、モザイク手法によって定義されます。

  • シームラインシームラインを使用して画像間の変化をスムーズにします。
  • 北西モザイク データセット境界の北西の隅に最も近い画像を表示します。
  • 中心画面の中心に最も近い画像を表示します。
  • ラスターのロック表示する特定のラスター データセットを選択します。
  • 属性による属性テーブルのフィールドに基づいて画像を表示し、優先順位を付けます。
  • 天底ゼロに最も近い表示角度を持つラスターを表示します。
  • 観測点選択した角度に最も近い画像を表示します。
  • なしモザイク データセットの属性テーブル内の ObjectID に基づいてラスターを並べ替えます。
String
順序フィールド
(オプション)

モザイク方法が By_Attribute のとき、ラスターの並べ替えに使用されるデフォルトのフィールド。サービス テーブルで、タイプがメタデータおよび整数であるフィールドがリスト表示されます (日付または雲の割合を表す値など)。

String
順序ベース値
(オプション)

この入力値と、指定フィールドの属性値との差異に基づいて、画像がソートされます。

String
ロック ラスター ID
(オプション)

サービスのロック対象となるラスター ID またはラスター名。指定したラスターのみが表示されます。空白のまま (未定義) にした場合は、システム デフォルトと同じです。複数の ID を指定するときは、各 ID をセミコロンで区切ります。

String
出力セル サイズ
(オプション)

イメージ サービス レイヤーのセル サイズ。

Double
(オプション)

SQL を使用すると、クエリを定義したり、[検索条件設定] でクエリを作成したりできます。

SQL Expression
処理テンプレート
(オプション)

出力イメージ サービス レイヤーに適用できるラスター関数処理テンプレート。

  • なし処理テンプレートがありません。
String

arcpy.management.MakeImageServerLayer(in_image_service, out_imageserver_layer, {template}, {band_index}, {mosaic_method}, {order_field}, {order_base_value}, {lock_rasterid}, {cell_size}, {where_clause}, {processing_template})
名前説明データ タイプ
in_image_service

入力イメージ サービスの名前、またはイメージ サービスを参照する SOAP URL。

ProjectX というイメージ サービスの使用例は C:\MyProject\ServerConnection.ags\ProjectX.ImageServer です。

URL の例は、次のとおりです。http://AGSServer:8399/arcgis/services/ISName/ImageServer

Image Service; String
out_imageserver_layer

出力イメージ レイヤーの名前。

Raster Layer
template
(オプション)

イメージ レイヤーの出力範囲。

  • MAXOF - すべての入力の最大範囲が使用されます。
  • MINOF - すべての入力に共通する最小領域が使用されます。
  • DISPLAY - 範囲は、表示範囲と同じになります。
  • [レイヤー名] - 指定したレイヤーの範囲が使用されます。
  • Extent オブジェクト - 指定したオブジェクトの範囲が使用されます。
  • [座標のスペース区切りの文字列] - 指定した文字列の範囲が使用されます。座標は、x-min、y-min、x-max、y-max の順序で表されます。
Extent
band_index
[ID,...]
(オプション)

そのレイヤーについて、どのバンドをエクスポートするかを選択します。 バンドを指定しない場合は、すべてのバンドが出力で使用されます。

Value Table
mosaic_method
(オプション)

さまざまなラスターからどのようなモザイクを作成するのかについては、モザイク手法によって定義されます。

  • SEAMLINEシームラインを使用して画像間の変化をスムーズにします。
  • NORTH_WESTモザイク データセット境界の北西の隅に最も近い画像を表示します。
  • CLOSEST_TO_CENTER画面の中心に最も近い画像を表示します。
  • LOCK_RASTER表示する特定のラスター データセットを選択します。
  • BY_ATTRIBUTE属性テーブルのフィールドに基づいて画像を表示し、優先順位を付けます。
  • CLOSEST_TO_NADIRゼロに最も近い表示角度を持つラスターを表示します。
  • CLOSEST_TO_VIEWPOINT選択した角度に最も近い画像を表示します。
  • NONEモザイク データセットの属性テーブル内の ObjectID に基づいてラスターを並べ替えます。
String
order_field
(オプション)

モザイク方法が By_Attribute のとき、ラスターの並べ替えに使用されるデフォルトのフィールド。サービス テーブルで、タイプがメタデータおよび整数であるフィールドがリスト表示されます (日付または雲の割合を表す値など)。

String
order_base_value
(オプション)

この入力値と、指定フィールドの属性値との差異に基づいて、画像がソートされます。

String
lock_rasterid
(オプション)

サービスのロック対象となるラスター ID またはラスター名。指定したラスターのみが表示されます。空白のまま (未定義) にした場合は、システム デフォルトと同じです。複数の ID を指定するときは、各 ID をセミコロンで区切ります。

String
cell_size
(オプション)

イメージ サービス レイヤーのセル サイズ。

Double
where_clause
(オプション)

SQL を使用すると、クエリを定義できます。

SQL Expression
processing_template
(オプション)

出力イメージ サービス レイヤーに適用できるラスター関数処理テンプレート。

  • None処理テンプレートがありません。
String

コードのサンプル

MakeImageServerLayer (Image Server レイヤーの作成) の例 1 (Python ウィンドウ)

以下は、MakeImageServerLayer ツールを実行する Python サンプルです。

arcpy.MakeImageServerLayer_management(
        input2, "mdlayer", "feature.shp", "1;2;3",
        "LockRaster", "#", "#", "4", "#", processing_template="Hillshade")
MakeImageServerLayer (Image Server レイヤーの作成) の例 2 (Python ウィンドウ)

以下は、MakeImageServerLayer ツールを実行する Python スクリプト サンプルです。

arcpy.MakeImageServerLayer_management(
        input2, "mdlayer", "feature.shp", "1;2;3",
        "LockRaster", "#", "#", "4", "#", processing_template="Custom_func")

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック