Power (Image Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

Image Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

ラスター内のセル値をもう 1 つのラスターにある値で累乗します。

Power (累乗) の図
OutRas = Power(InRas1, 2)

使用法

  • このツールの出力ラスターは入力値の型に関係なく常に浮動小数点型です。

  • 両方の入力がシングルバンド ラスターである場合、またはいずれかの入力が定数である場合、出力はシングルバンド ラスターになります。

  • 両方の入力がマルチバンド ラスターである場合、ツールは 1 つの入力の各バンドに対して演算を実行し、出力はマルチバンド ラスターになります。 各マルチバンド入力のバンド数は同一である必要があります。

  • 入力のうちの 1 つがマルチバンド ラスターであり、もう 1 つが定数である場合、ツールはマルチバンド入力に含まれるバンドごとに定数値を使用して演算を実行し、出力はマルチバンド ラスターになります。

  • ArcPy では、両方の入力が、同数の変数を含む多次元ラスターの場合、このツールは、ディメンション値が同じすべてのスライスについて演算を実行し、出力は多次元ラスターになります。 入力に含まれる変数には同じディメンションまたは共通のディメンションが必要です。共通でないディメンションが存在してはなりません。

    両方の入力に 1 つの変数が含まれているが、名前が異なっている場合は、演算を実行するために、matchMultidimensionalVariable ジオプロセシング環境を False に設定します。

    ArcPy では、入力のいずれかが多次元ラスターで、それ以外の入力が定数である場合、このツールは、すべての変数のすべてのスライスについて、その定数値を使用して演算を実行し、出力は多次元ラスターになります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター、または定数値 1

2 番目の入力で定義された乗数で累乗される入力値。

他のパラメーターでラスターが指定されている場合、数値をこのパラメーターの入力として使用できます。 両方の入力で数値を指定するには、セル サイズと範囲を最初に環境で設定しておく必要があります。

Raster Layer; Constant
入力ラスター、または定数値 2

最初の入力値を累乗する乗数を決定する入力。

他のパラメーターでラスターが指定されている場合、数値をこのパラメーターの入力として使用できます。 両方の入力で数値を指定するには、セル サイズと範囲を最初に環境で設定しておく必要があります。

Raster Layer; Constant

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力ラスター。

セル値は、最初の入力を 2 番目の入力値で累乗した結果です。

Raster

Power(in_raster_or_constant1, in_raster_or_constant2)
名前説明データ タイプ
in_raster_or_constant1

2 番目の入力で定義された乗数で累乗される入力値。

他のパラメーターでラスターが指定されている場合、数値をこのパラメーターの入力として使用できます。 両方の入力で数値を指定するには、セル サイズと範囲を最初に環境で設定しておく必要があります。

Raster Layer; Constant
in_raster_or_constant2

最初の入力値を累乗する乗数を決定する入力。

他のパラメーターでラスターが指定されている場合、数値をこのパラメーターの入力として使用できます。 両方の入力で数値を指定するには、セル サイズと範囲を最初に環境で設定しておく必要があります。

Raster Layer; Constant

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

出力ラスター。

セル値は、最初の入力を 2 番目の入力値で累乗した結果です。

Raster

コードのサンプル

Power の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、最初の入力ラスターの値を累乗する乗数として 2 番目の入力ラスターの値を使用して、IMG ラスターを結果として出力しています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.ia import *
env.workspace = "C:/iapyexamples/data"
outPower = Power("degs", "cost")
outPower.save("C:/iapyexamples/output/outpower.img")
Power の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、最初の入力ラスターの値を累乗する乗数として 2 番目の入力ラスターの値を使用して、IMG ラスターを結果として出力しています。

# Name: Power_Ex_02.py
# Description: Raises the pixels in a raster to the power of the values
#              found in another raster
# Requirements: Image Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.ia import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/iapyexamples/data"

# Set local variables
inRaster1 = "degs"
inRaster2 = "cost"

# Check out the ArcGIS Image Analyst extension license
arcpy.CheckOutExtension("ImageAnalyst")

# Execute Power
outPower = Power(inRaster1, inRaster2)

# Save the output 
outPower.save("C:/iapyexamples/output/outpower.img")

関連トピック