最適移動コスト ネットワークの決定 (Determine Optimum Travel Cost Network) (ラスター解析)

サマリー

入力地域から、最適コスト ネットワークを計算します。

[最適リージョン接続 (Optimal Region Connections)] ツールにより、機能またはパフォーマンスが向上します。

[最適移動コスト ネットワークの決定 (Determine Optimum Travel Cost Network)] ツールの図

使用法

  • このラスター解析 ポータル ツールは、ArcGIS Enterprise「ArcGIS Enterprise の解析について」へのリンク ポータルにサイン インすると使用できます。このポータルに、ArcGIS Image Server 「ラスター解析の設定と配置」へのリンク用に構成された Raster Analysis 「ArcGIS Image Server とは」へのリンク があります。ツールを起動すると、ArcGIS Pro がクライアントとしてサービスを提供し、ArcGIS Enterprise とフェデレートされているサーバーで処理が発生します。ポータル ツールはポータルから入力としてレイヤーを受け取り、ポータルに出力を作成します。

    入力ラスター レイヤーは、ポータルから入力されたレイヤー、イメージ サービスへの URI または URL、[Image Server レイヤーの作成 (Make Image Server Layer)] ツールの出力に対応しています。入力フィーチャ レイヤーには、ポータルからのレイヤー、フィーチャ サービスへの URI または URL を使用できます。このツールは、ローカルのラスター データまたはレイヤーをサポートしません。このポータル ツールへの入力としてはローカルのフィーチャ データとレイヤーを使用できますが、ポータルのレイヤーを入力することをお勧めします。

  • このツールの応用例として、緊急車両用に最適なネットワークを探すことが挙げられます。

  • ラスターの場合、領域は、同じ値を持つ連続 (隣接) しているセルのグループです。 入力領域がラスターで識別されるとき、ゾーン (同じ値を持つセル) が複数の領域から構成される場合、事前処理のステップとして、まず各領域に個別値を割り当てます。

  • [入力コスト ラスター] で NoData のセル位置は、バリアの役割を果たします。

  • このアルゴリズムは乗算処理なので、[入力コスト ラスター] に値ゼロを含めることはできません。 コスト ラスターに値ゼロが含まれており、それらの値が最小コストを表している場合は、まず値ゼロを小さい正の値 (0.01 など) に変更します。その後で [最適移動コスト ネットワークの決定 (Determine Optimum Travel Cost Network)] ツールを実行してください。

  • [出力隣接ネットワーク (Output neighbor network)] では、近傍はユークリッド距離ではなく、コスト距離で識別されます。 そのため、領域の最も近い近傍は、距離が最も近い近傍ではなく、移動コストが最も低い近傍になります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力領域のラスターまたはフィーチャ

最小コストネットワークで接続される入力領域。

領域は、イメージ サービスまたはフィーチャ サービスによって定義できます。

領域の入力がラスターの場合、領域は同じ値を持つ連続 (隣接) するセルのグループによって定義されます。 各領域には一意の番号を付ける必要があります。 領域の一部でないセルは NoData にする必要があります。 ラスター タイプは整数である必要があり、正または負の値を指定できます。

領域の入力がフィーチャの場合、ポリゴン、ライン、ポイントのいずれかを使用できます。 ポリゴン フィーチャの領域には、マルチパート ポリゴンは使用できません。

Raster Layer; Image Service; Feature Layer; String
入力コスト ラスター

各セル内を平面的に通過するときにかかるインピーダンスまたはコストを定義するラスター。

各セル位置の値は、そのセル上を通過するための単位距離あたりのコストを表します。 セル内を通過する総コストを取得するために、各セル位置の値にセル解像度を乗算して、対角移動についても補正します。

コスト ラスターとして、整数値または浮動小数点値を使用できますが、負の値や 0 は使用できません (負またはゼロのコストは指定できません)。

Raster Layer; Image Service; String
出力最適ネットワーク名

出力最適ネットワーク フィーチャ サービスの名前。

各入力領域を接続するために必要な、パスの最適 (最小コスト) ネットワークのポリライン フィーチャ サービス。

各パス (またはライン) は、一意の番号が付けられ、属性テーブルのその他のフィールドには、パスに関する特定の情報が格納されています。 これらのフィールドには次のようなものがあります。

  • PATHID- パスの一意な ID
  • PATHCOST- パスの累計合計コスト
  • REGION1- パスが接続する最初の領域
  • REGION2- パスが接続するその他の領域

この情報から、ネットワーク内のパスに対する理解を深めることができます。

各パスは、一意のラインで表されるため、パスが同じルートを移動する場所には複数のラインがあります。

String
出力隣接ネットワーク名
(オプション)

出力隣接ネットワーク フィーチャ サービスの名前。

各領域からその各コスト最近隣領域までのすべてのパスを特定するポリライン フィーチャ サービス。

各パス (またはライン) は、一意の番号が付けられ、属性テーブルのその他のフィールドには、パスに関する特定の情報が格納されています。 これらのフィールドには次のようなものがあります。

  • PATHID- パスの一意な ID
  • PATHCOST- パスの累計合計コスト
  • REGION1- パスが接続する最初の領域
  • REGION2- パスが接続するその他の領域

この情報から、ネットワーク内のパスに対する理解を深めることができます。これは、必要に応じて削除すべきパスを決定する場合に特に有用です。

各パスは、一意のラインで表されるため、パスが同じルートを移動する場所には複数のラインがあります。

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力最適ネットワーク フィーチャ

出力最適ネットワーク フィーチャ。

Raster Layer
出力隣接ネットワーク フィーチャ

出力隣接ネットワーク フィーチャ。

Feature Class

arcpy.ra.DetermineOptimumTravelCostNetwork(inputRegionsRasterOrFeatures, inputCostRaster, outputOptimumNetworkName, {outputNeighborNetworkName})
名前説明データ タイプ
inputRegionsRasterOrFeatures

最小コストネットワークで接続される入力領域。

領域は、イメージ サービスまたはフィーチャ サービスによって定義できます。

領域の入力がラスターの場合、領域は同じ値を持つ連続 (隣接) するセルのグループによって定義されます。 各領域には一意の番号を付ける必要があります。 領域の一部でないセルは NoData にする必要があります。 ラスター タイプは整数である必要があり、正または負の値を指定できます。

領域の入力がフィーチャの場合、ポリゴン、ライン、ポイントのいずれかを使用できます。 ポリゴン フィーチャの領域には、マルチパート ポリゴンは使用できません。

Raster Layer; Image Service; Feature Layer; String
inputCostRaster

各セル内を平面的に通過するときにかかるインピーダンスまたはコストを定義するラスター。

各セル位置の値は、そのセル上を通過するための単位距離あたりのコストを表します。 セル内を通過する総コストを取得するために、各セル位置の値にセル解像度を乗算して、対角移動についても補正します。

コスト ラスターとして、整数値または浮動小数点値を使用できますが、負の値や 0 は使用できません (負またはゼロのコストは指定できません)。

Raster Layer; Image Service; String
outputOptimumNetworkName

出力最適ネットワーク フィーチャ サービスの名前。

各入力領域を接続するために必要な、パスの最適 (最小コスト) ネットワークのポリライン フィーチャ サービス。

各パス (またはライン) は、一意の番号が付けられ、属性テーブルのその他のフィールドには、パスに関する特定の情報が格納されています。 これらのフィールドには次のようなものがあります。

  • PATHID- パスの一意な ID
  • PATHCOST- パスの累計合計コスト
  • REGION1- パスが接続する最初の領域
  • REGION2- パスが接続するその他の領域

この情報から、ネットワーク内のパスに対する理解を深めることができます。

各パスは、一意のラインで表されるため、パスが同じルートを移動する場所には複数のラインがあります。

String
outputNeighborNetworkName
(オプション)

出力隣接ネットワーク フィーチャ サービスの名前。

各領域からその各コスト最近隣領域までのすべてのパスを特定するポリライン フィーチャ サービス。

各パス (またはライン) は、一意の番号が付けられ、属性テーブルのその他のフィールドには、パスに関する特定の情報が格納されています。 これらのフィールドには次のようなものがあります。

  • PATHID- パスの一意な ID
  • PATHCOST- パスの累計合計コスト
  • REGION1- パスが接続する最初の領域
  • REGION2- パスが接続するその他の領域

この情報から、ネットワーク内のパスに対する理解を深めることができます。これは、必要に応じて削除すべきパスを決定する場合に特に有用です。

各パスは、一意のラインで表されるため、パスが同じルートを移動する場所には複数のラインがあります。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
outputOptimumNetworkFeatures

出力最適ネットワーク フィーチャ。

Raster Layer
outputNeighborNetworkFeatures

出力隣接ネットワーク フィーチャ。

Feature Class

コードのサンプル

DetermineOptimumTravelCostNetwork (最適移動コストネットワークの決定) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、最適移動コスト ネットワークを計算します。

import arcpy

arcpy.DetermineOptimumTravelCostNetwork_ra(
    "https://myserver/rest/services/sources/ImageServer", 
	"https://myserver/rest/services/costsurface/ImageServer", 
    "outoptimumnetwork1")
DetermineOptimumTravelCostNetwork (最適移動コストネットワークの決定) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、最適移動コスト ネットワークを計算します。

#-------------------------------------------------------------------------------
# Name: DetermineOptimumTravelCostNetwork_Ex_02.py
# Description: Calculates the optimum travel cost network.
# Requirements: ArcGIS Image Server

# Import system modules
import arcpy

# Set local variables
inputSourceLayer = 'https://MyPortal.esri.com/server/rest/services/Hosted/sources/ImageServer'
inputCostLayer = 'https://MyPortal.esri.com/server/rest/services/Hosted/costraster/ImageServer'
outputOptimumNetworkName = 'outNetworkRaster'
outputNeighborName = 'outNeighborRaster'

arcpy.DetermineOptimumTravelCostNetwork_ra(inputSourceLayer, zoneField, inputCostLayer,
                               outputOptimumNetworkName, outputNeighborName)

関連トピック