Skip To Content

ロケーターの作成

所有しているデータに対してジオコーディングを行う必要性が生じたため、独自のロケーターを作成したいという結論に至った場合、ArcGIS Pro でこれを実現できます。独自のロケーターを作成すると、ArcGIS Online World Geocoding Service を使用した場合と同様に、所有しているデータを使用してマップ上の住所と場所を検索できるようになります。

[ロケーターの作成 (Create Locator)] ジオプロセシング ツールを使用してロケーターを作成する手順を次に示します。

  1. [解析] タブで、[ツール] ボタン ツール をクリックして [ジオプロセシング] ウィンドウを開きます。

    [ジオプロセシング] ウィンドウが表示されます。

  2. [ロケーターの作成 (Create Locator)] ツールを選択します。
    1. [ジオプロセシング] ウィンドウで、[ツールボックス] タブをクリックします。
    2. ジオプロセシング ツールボックスのリストから、[ジオコーディング ツール] をクリックします。
    3. ジオコーディング ツールのリストで [ロケーターの作成 (Create Locator)] ツールをクリックします。

      ロケーターの作成 (Create Locator)

  3. [ジオプロセシング] ウィンドウで [ロケーターの作成 (Create Locator)] ツールが開いたら、[ロール] ドロップダウン リストをクリックし、ロケーターの基準にするロールを選択します。
  4. データに適したロールを選択する方法の詳細については、「ロケーター ロールの概要」をご参照ください。
  5. [参照データ] テキスト ボックスの横にある [参照] ボタン 参照 をクリックします。[参照データ] ダイアログ ボックスが表示されます。
  6. ロケーターで使用する参照データを選択し、[開く] をクリックします。
  7. ロケーターで使用するデータセットが複数存在する場合は、ロケーターに含めるすべての参照データがこのツールに表示されるまで、データを [参照データ] テキスト ボックス (必要に応じて複数表示される) に追加する操作を繰り返します。
    備考:

    プライマリ参照データ テーブルだけでなく、道路や市の代替名の情報を格納するテーブルもあります。代替名テーブルを使用してロケーターを作成する方法の詳細については、「代替名テーブルの基礎」をご参照ください。

    備考:

    数百万のフィーチャで構成された参照データを含む住所ロケーターを作成する場合は、一時ディレクトリが配置されるドライブ上に、サイズが通常の 3 ~ 4 倍以上のデータを書き込めるディスク空き容量が必要となります。これは、このロケーターが出力場所にコピーされる前に、このロケーターの構築に使用されるファイルがドライブ上の場所に書き込まれるためです。十分なディスク空き容量がない場合は、このツールの実行中に容量不足エラーが発生します。また、大規模なロケーターを作成する際には、メモリ消費量の多い処理に対応できる RAM を搭載したコンピューターも必要となります。

  8. [エイリアス名] 列にあるドロップダウン矢印をクリックし、適切なフィールド名を選択して、データ内のフィールドを、選択したロケーター ロールに必要なフィールドに関連付けます。
  9. 出力ファイルの名前と出力先は、自動的に選択されます。これらの値を変更するには、[出力ロケーター] テキスト ボックスの横にある [参照] ボタン 参照 をクリックします。[出力ロケーター] ダイアログ ボックスが表示されます。
  10. ロケーターの保存場所 (保存場所はファイル フォルダーである必要があります) を指定し、ロケーターに名前を付けて、[保存] をクリックします。
    ヒント:

    このツールの入力カテゴリに関する役立つヒントや注意を表示する場合は、入力カテゴリの横にある [情報] ボタン 情報 をクリックして詳細情報を表示します。

  11. [実行] 実行 をクリックします。

    ロケーターの作成 (Create Locator)

処理が終了すると、ロケーターが [カタログ] ウィンドウの [ロケーター] フォルダーに追加されます。前に指定した保存場所でロケーターを検索することもできます。新しく作成したロケーターを新規または既存のプロジェクトに追加することができます。

関連トピック