Skip To Content

ロケーターの共有

このトピックでは、ロケーターをサービスとして ArcGIS Enterprise ポータルで共有する方法、ロケーター パッケージを作成する方法、モバイル マップ パッケージを作成する方法をそれぞれわかりやすく説明します。それぞれの方法の詳細は、「ロケーターの共有の概要」に記載されています。

ロケーターをホスト サービスとして共有

組織内のすべてのユーザーが常にロケーターを使用できるようにする必要がある場合は、ロケーターを ArcGIS Enterprise のホスト サービスとして共有できます。

ArcGIS Pro からロケーターをホストされたサービスとして ArcGIS Enterprise で共有するには、そのロケーターをまずプロジェクトに追加する必要があります。

メモ:

ロケーターを ArcGIS Enterprise ポータルで共有したり、ロケーターをスタンドアロンの ArcGIS Server に公開したりできます。[住所ロケーターの作成 (Create Address Locator)] ツールを使用して作成されたロケーターをポータルで共有するときは、少なくとも 1 つのフェデレーション サーバーがある ArcGIS Enterprise 10.5 以降に、公開者権限または管理者権限でログインする必要があります。[ロケーターの作成 (Create Locator)] ツールを使用して作成されたロケーターをポータルで共有するときは、少なくとも 1 つのフェデレーション サーバーがある ArcGIS Enterprise 10.6.1 以降に、公開者権限または管理者権限でログインする必要があります。ArcGIS Enterprise 10.6 以降のカスタム ロールのメンバーである場合は、管理者から [サーバーベース レイヤーの公開] の権限が付与されていることを確認します。ロケーターをスタンドアロンの ArcGIS Server 10.6 以降に公開する詳細については、「ジオコード サービスの公開」をご参照ください。

  1. リボンの [共有] タブで、[ロケーターの共有] ボタン 新しいロケーター をクリックします。
    ヒント:

    あるいは、[カタログ] ウィンドウで [ロケーター] を展開し、共有するロケーターを右クリックしてから [ロケーターとして共有] 新しいロケーター を選択します。

    [共有するロケーターの選択] ダイアログが表示されます。

  2. 参照して共有するロケーターを選択し、[OK] をクリックします。

    [ロケーターの共有] ウィンドウが表示されます。

  3. [ロケーターの共有] ウィンドウの [一般] タブに情報を入力します。
    1. [名前] テキスト ボックスにはロケーター名が自動的に入力されますが、名前を変更することもできます。また、パスを記述し、サーバー上のルート フォルダー以外のフォルダーでロケーターを共有することもできます。たとえば、[名前] テキスト ボックスに「Locators\Atlanta.loc」と入力し、[Locators] という名前のフォルダーを作成し、共有できます。
    2. [アイテム説明][概要][タグ] テキスト ボックスに情報を提供する必要があります。
    3. また、[共有オプション] を変更すると、組織内でロケーターを共有するユーザーを定義することもできます。
  4. あるいは、[ロケーターの共有] タブの [構成] タブで、サービス プロパティを変更できます。
  5. [ロケーターの共有] タブの [コンテンツ] タブでは、ロケーターが共有されるフォルダー構造を表示できます。また、ポータルのフェデレーション サーバーのうち、ロケーターを共有するサーバーを指定することもできます (複数ある場合)。デフォルトでは、ロケーターはホスティング サーバーで共有されます。

    これでロケーターがポータルのフェデレーション サーバー上で実行され、ユーザーやクライアントがネットワーク経由でアクセスできるようになりました。サーバー管理者としてロケーターを共有し、サービスへの Web アクセスを許可している場合は、このサービスを Web 上でも利用できます。

    [カタログ] タブの [ポータル] タブを使用すると、ポータルからプロジェクトにロケーターを追加できます。共有されたロケーターを参照して右クリックし、[プロジェクトに追加] を選択します。[場所検索] ウィンドウ、[ジオコード テーブル] ウィンドウ、ジオコーディング ジオプロセシング ツールからロケーターを使用できるようになります。

ロケーター パッケージの共有

組織の内外にロケーターを配布する適切な方法は、ロケーター パッケージを作成することです。

  1. リボン上の [解析] タブで、[ツール] ボタンをクリックして [ジオプロセシング] ウィンドウを開きます。

    [ジオプロセシング] ウィンドウが表示されます。

  2. テキスト ボックスで [ロケーターのパッケージ化 (Package Locator)] (データ管理) ツールを検索し、クリックして開きます。

    [ロケーターのパッケージ化 (Package Locator)] ツールが開きます。

  3. [入力ロケーター] で、パッケージ化するディスク上のロケーターを参照して選択し、組織内の他のユーザーと共有します。
  4. [出力ロケーター] で、ロケーター パッケージを保存するディスク上の場所を指定します。
  5. [実行] をクリックして、このジオプロセシング ツールを実行します。

    このツールの実行が終了すると、元のロケーター内のすべてのファイルを含む *.gcpk ファイルが作成されます。これで、接続されていない環境で使用するためのロケーターを簡単に共有できるようになります。

モバイル マップ パッケージ内のロケーターの共有

接続されていない環境で使用するためのロケーターを共有する必要がある場合は、モバイル アプリで使用するためのモバイル マップ パッケージを作成します。

  1. リボン上の [共有] タブにある [パッケージ] セクションで、[モバイル マップ] をクリックします。

    [モバイル マップのパッケージ化] ウィンドウが表示されます。

  2. デフォルトで選択されていない場合は、[パッケージをファイルに保存] オプションを選択します。

    これで、出力が *.mmpk ファイルとしてディスク上に保存されます。

  3. 保存場所と出力ファイル名を [名前] テキスト ボックスに指定します。

    デフォルトの保存場所と名前が自動的に生成されますが、変更することができます。

  4. [概要][タグ] にロケーターの説明を入力し、ユーザーがそのロケーターを検索したり、そのロケーターの内容を把握したりできるようにします。
  5. 必要に応じて、モバイル マップ パッケージに含めるマップの範囲を変更し、その範囲にデータをクリップするかどうかを指定します。
  6. [ロケーターを含める] チェックボックスをオンにします。

    このチェックボックスをオンにすると、確実にロケーターがモバイル マップ パッケージに挿入されます。

  7. [パッケージ] をクリックして、モバイル マップ パッケージを作成します。

    このツールの実行が終了すると、元のロケーター内のすべてのファイルを含む *.mmpk ファイルが作成されます。これで、接続されていないモバイル環境で使用するためのロケーターを共有できるようになります。

組織内でのロケーターの共有が必要な理由とそのロケーターの使用方法を調査すると、ホスト サービスとしてのロケーターの共有またはパッケージとしてのロケーターの共有のどちらが目標を達成する上で最適なワークフローであるかを判断できます。

関連トピック