住所のジオコーディング (Geocode Addresses) (ジオコーティング)

サマリー

住所テーブルをジオコーディングします。 この処理にはジオコーディングしたい住所を格納するテーブルと、住所ロケーターまたはコンポジット住所ロケーターが必須です。 このツールはロケーターに対して住所を照合し、各入力レコードの処理結果を新しいポイント フィーチャクラスに保存します。 ArcGIS World Geocoding Service を使用している場合、この操作でクレジットが消費されることがあります。

ArcGIS World Geocoding Service を使用してジオコーディング操作を行う場合は、ArcGIS Online の組織のサブスクリプションが必要であり、クレジットが消費されます。 ジオコーディング リクエストを最後まで完了するには、組織アカウントに十分なクレジットが必要です。

使用法

  • 単一のフィールドに格納されている住所または複数のフィールドに分割されている住所をジオコーディングすることができます。 単一の入力フィールドには、完全な住所が格納されています。たとえば、「303 Peachtree St NE, Atlanta, GA 30308」のようになります。入力住所が、米国の一般的な住所に使用される AddressCityStateZIP などの複数のフィールドに分割されている場合、複数のフィールドがサポートされます。

  • 一部のロケーターは、複数の入力住所フィールド (AddressAddress2Address3 など) をサポートしています。 この場合、住所コンポーネントは複数のフィールドに分割可能で、これらの住所フィールドはジオコーディング時に連結されます。 たとえば、3 つのフィールドに 100Main stApt 140 がある場合や、2 つのフィールドに 100 Main stApt 140 がある場合、ジオコーディングのときは、どちらも 100 Main st Apt 140 になります。

  • 出力フィーチャクラスは住所ロケーターと同じ空間参照内に保存されます。 出力フィーチャクラスの空間参照を変更するには、ツールの環境設定で異なる出力座標系を設定します。

  • 出力フィーチャクラスには、各レコードの入力アドレスおよびその他の情報 (スコア、ステータス、照合された住所など) のコピーがデフォルトで格納されます。 住所の再照合を行うには、[住所の再照合 (Rematch Addresses)] ツールを使用するか、[住所の再照合] ウィンドウを開く [住所の再照合] オプションを使用します。 一度、照合処理が終了しフィーチャクラスが作成されると、入力アドレス テーブル内の住所の変更は出力フィーチャクラスの結果には反映されません。

    ジオコーディング結果の再照合の詳細

  • ArcGIS World Geocoding Service を使用して住所のテーブルを照合するには、ArcGIS Online for organizations サブスクリプションが必要です。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力テーブル

ジオコーディングする住所テーブル。

Table View
入力住所ロケーター

住所テーブルのジオコーディングに使用する住所ロケーター。

注意:

必要に応じて、ロケーター パスの末尾にあるロケーター名の後に *.loc 拡張子を付けます。

Address Locator
入力住所フィールド

住所ロケーターで使用される住所フィールドの、入力アドレス テーブルのフィールドへのマッピング。 完全な住所が、入力テーブルの 1 つのフィールドに格納されている場合 (たとえば、303 Peachtree St NE, Atlanta, GA 30308)、[単一フィールド] を選択します。 入力住所が、米国の一般的な住所に使用される複数のフィールド (住所、都市、州、および郵便番号など) に分割されている場合、[複数フィールド] を選択します。

一部のロケーターは、複数の入力住所フィールド (AddressAddress2Address3 など) をサポートしています。 この場合、住所コンポーネントは複数のフィールドに分割可能で、これらの住所フィールドはジオコーディング時に連結されます。 たとえば、3 つのフィールドに 100Main stApt 140 がある場合や、2 つのフィールドに 100 Main stApt 140 がある場合、ジオコーディングのときは、どちらも 100 Main st Apt 140 になります。

住所ロケーターで使用されるオプションの入力住所フィールドを入力アドレス テーブル内のフィールドにマッピングしないことを選択する場合、フィールド名の代わりに <None> を使用してマッピングしないことを示します。

Field Info
出力フィーチャクラス

ジオコーディングされた出力フィーチャクラスまたはシェープファイル。

Feature Class
ダイナミック出力フィーチャクラス
(オプション)

このパラメーターは、ArcGIS Pro では常に無効です。 ArcGIS Desktop との下位互換性をサポートするために残されています。

Boolean
(オプション)

これは「国」パラメーターに対応したロケーターを対象とするもので、ジオコーディングを特定の国々に制限する働きがあります。 国を選択すれば、多くの場合、ジオコーディングの精度が向上します。 [入力テーブル] の国を表すフィールドが、[入力住所フィールド]Country フィールドにマップされる場合、[入力テーブル] の国の値の方が、[国] パラメーターよりも優先されます。

これは、選択した国またはエリアに制限されます。 国を指定しないと、ロケーターでサポートされているすべての国に対してジオコーディングが実行されます。

すべてのロケーターが [国] に対応しているわけではありません。

String
優先場所タイプ
(オプション)

[ポイント住所] の照合に使用される優先出力ジオメトリを指定します。 このパラメーターのオプションは、ルート検索に使用できる道路脇の位置を表す [ルート検索位置] または屋上や住所のパーセルの重心を表す [住所位置] です。 優先位置がデータに存在しない場合、代わりにデフォルトの位置が返されます。 Addr_type=PointAddress のジオコード結果の場合、x および y 属性値は道路に沿った住所の座標を記述し、DisplayX および DisplayY の値は屋上または建物の重心の座標を記述します。

すべてのロケーターがこのパラメーターに対応しているわけではありません。

  • 住所の場所屋根の位置、パーセルの重心、玄関などの住所位置を表すジオコード結果のジオメトリが返されます。
  • ルート検索位置車両のルート検索に使用できる道路脇に近い位置を表すジオコード結果のジオメトリが返されます。 これがデフォルトです。
String
カテゴリ
(オプション)

ロケーターが検索する場所のタイプを制限します。これにより、誤判定の一致が除外されるため、検索処理の速度が上がる可能性があります。 カテゴリを指定しないと、サポートされているすべてのカテゴリに対してジオコーディングが実行されます。 すべての位置および国に対して、すべてのカテゴリ値がサポートされているわけではありません。 通常、このパラメーターは次の目的に使用できます。

  • 一致を特定の場所タイプまたは住所レベルに制限する
  • 不要な住所レベルの代替一致を回避する
  • 座標検索のあいまいさを解消する

すべてのロケーターがこのパラメーターに対応しているわけではありません。

カテゴリ フィルタリングの詳細については、ArcGIS REST API Web ヘルプをご参照ください。

String
出力フィールド
(オプション)

ジオコード結果で返されるロケーター出力フィールドを指定します。

  • すべて使用可能なすべてのロケーター出力フィールドがジオコード結果に含まれます。 これがデフォルトです。
  • 場所のみShape フィールドがジオコード結果に格納されます。 [入力テーブル] パラメーターの元のフィールド名は、元のフィールド名で維持されます。 このオプションではジオコード結果の再照合を利用できません。
  • 最小場所とその場所がジオコード結果のロケーター内の情報にどれだけ一致しているかが記述されたフィールド (ShapeStatusScoreMatch_typeMatch_addr、および Addr_type) が追加されます。 [入力テーブル] パラメーターの元のフィールド名は、元のフィールド名で維持されます。
String

arcpy.geocoding.GeocodeAddresses(in_table, address_locator, in_address_fields, out_feature_class, {out_relationship_type}, {country}, {location_type}, {category}, {output_fields})
名前説明データ タイプ
in_table

ジオコーディングする住所テーブル。

Table View
address_locator

住所テーブルのジオコーディングに使用する住所ロケーター。

注意:

必要に応じて、ロケーター パスの末尾にあるロケーター名の後に *.loc 拡張子を付けます。

Address Locator
in_address_fields
[input_address_field, table_field_name]

input_address_field が住所ロケーターで指定された入力住所フィールドの名前で、table_field_name がジオコーディングする住所のテーブルで対応するフィールドの名前である場合、このパラメーターでマッピングしている各フィールドの形式は、input_address_field, table_field_name となります。

303 Peachtree St NE, Atlanta GA 30308」のような完全な住所を保存する、単一入力フィールドを指定できます。また、入力住所が、米国の一般的な住所に使用される AddressCityStateZIP などの複数のフィールドに分割されている場合は、複数のフィールドを指定することもできます。

一部のロケーターは、複数の入力住所フィールド (AddressAddress2Address3 など) をサポートしています。 この場合、住所コンポーネントは複数のフィールドに分割可能で、これらの住所フィールドはジオコーディング時に連結されます。 たとえば、3 つのフィールドに 100Main stApt 140 がある場合や、2 つのフィールドに 100 Main stApt 140 がある場合、ジオコーディングのときは、どちらも 100 Main st Apt 140 になります。

住所ロケーターで使用されるオプションの入力住所フィールドを入力アドレス テーブル内のフィールドにマッピングしないことを選択する場合、フィールド名の代わりに <None> を使用してマッピングしないことを示します。

Field Info
out_feature_class

ジオコーディングされた出力フィーチャクラスまたはシェープファイル。

Feature Class
out_relationship_type
(オプション)
レガシー:

このパラメーターは、ArcGIS Pro では効果がありません。 ArcGIS Desktop との下位互換性をサポートするために残されています。

ArcGIS Pro で使用できる値は STATIC のみです。

  • STATIC入力アドレス テーブル内のフィールドの静的コピーは出力フィーチャクラスに作成されます。 使用できるのはこの値のみです。
  • DYNAMICArcGIS Pro ではこのオプションを使用できません。 このツールについては、ArcGIS Desktop のヘルプをご参照ください。
Boolean
country
[country,...]
(オプション)

これは「国」パラメーターに対応したロケーターを対象とするもので、ジオコーディングを特定の国々に制限する働きがあります。 国を選択すれば、多くの場合、ジオコーディングの精度が向上します。 [入力テーブル] の国を表すフィールドが、[入力住所フィールド]Country フィールドにマップされる場合、[入力テーブル] の国の値の方が、[国] パラメーターよりも優先されます。

これは、選択した国またはエリアに制限されます。 国を指定しないと、ロケーターでサポートされているすべての国に対してジオコーディングが実行されます。

すべてのロケーターが [国] に対応しているわけではありません。

2 文字または 3 文字の国コードとして値をカンマ区切りリストに指定します。 使用する入力値については、[サポートされている国コード] 列をご参照ください。

String
location_type
(オプション)

POINT_ADDRESS の照合に使用される優先出力ジオメトリを指定します。 このパラメーターのオプションは、ルート検索に使用できる道路脇の位置を表す ROUTING_LOCATION または屋上、住所の区画の重心、玄関を表す ADDRESS_LOCATION です。 優先位置がデータに存在しない場合は、代わりに ROUTING_LOCATION のデフォルト位置が返されます。 Addr_type = PointAddress のジオコード結果の場合、x および y 属性値は道路に沿った住所の座標を記述し、DisplayX および DisplayY の値は屋上または建物の重心の座標を記述します。 geocodeAddresseslocationType パラメーターの詳細については、ArcGIS REST API Web ヘルプをご参照ください。

すべてのロケーターがこのパラメーターに対応しているわけではありません。

  • ADDRESS_LOCATION屋根の位置、パーセルの重心、玄関などの住所位置を表すジオコード結果のジオメトリが返されます。
  • ROUTING_LOCATION車両のルート検索に使用できる道路脇に近い位置を表すジオコード結果のジオメトリが返されます。 これがデフォルトです。
String
category
[category,...]
(オプション)

ロケーターが検索する場所のタイプを制限します。これにより、誤判定の一致が除外されるため、検索処理の速度が上がる可能性があります。 カテゴリを指定しないと、サポートされているすべてのカテゴリに対してジオコーディングが実行されます。 すべての位置および国に対して、すべてのカテゴリ値がサポートされているわけではありません。 通常、このパラメーターは次の目的に使用できます。

  • 一致を特定の場所タイプまたは住所レベルに制限する
  • 不要な住所レベルの代替一致を回避する
  • 座標検索のあいまいさを解消する

すべてのロケーターがこのパラメーターに対応しているわけではありません。

カテゴリ フィルタリングの詳細については、ArcGIS REST API Web ヘルプをご参照ください。

String
output_fields
(オプション)

ジオコード結果で返されるロケーター出力フィールドを指定します。

注意:

このパラメーターは、ディスク上に保存されているか、Enterprise 10.9 以降に公開されている [ロケーターの作成 (Create Locator)] ツールまたは [フィーチャ ロケーターの作成 (Create Feature Locator)] ツールによって作成された入力ロケーターと共に使用できます。 [住所ロケーターの作成 (Create Address Locator)] ツールを使用して作成されたロケーターが 1 つ以上含まれているコンポジット ロケーターでは、このパラメーターを使用できません。

  • ALL使用可能なすべてのロケーター出力フィールドがジオコード結果に含まれます。 これがデフォルトです。
  • LOCATION_ONLYShape フィールドがジオコード結果に格納されます。 in_table パラメーターの元のフィールド名は、元のフィールド名で維持されます。 このオプションではジオコード結果の再照合を利用できません。
  • MINIMAL場所とその場所がジオコード結果のロケーター内の情報にどれだけ一致しているかが記述されたフィールド (ShapeStatusScoreMatch_typeMatch_addr、および Addr_type) が追加されます。 in_table パラメーターの元のフィールド名は、元のフィールド名で維持されます。
String

コードのサンプル

GeocodeAddresses (住所のジオコーディング) の例 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python ウィンドウ スクリプトで GeocodeAddresses 関数を使用して、ローカル ロケーターを使用した住所テーブルをジオコーディングする方法を示します。

import arcpy

arcpy.env.workspace = "C:\ArcTutor\Geocoding\atlanta"

# Set local variables
address_table = "customers.dbf"
address_locator = "Atlanta_AddressLocator"
address_fields = ("\'Address or Place\' Address VISIBLE NONE;Address2 <None> VISIBLE NONE;Address3 <None> VISIBLE NONE;" +
                  "Neighborhood <None> VISIBLE NONE;City <None> VISIBLE NONE;County <None> VISIBLE NONE;" +
                  "State <None> VISIBLE NONE;ZIP ZIP <None> VISIBLE NONE;ZIP4 <None> VISIBLE NONE;" +
                  "Country <None> VISIBLE NONE")
geocode_result = "geocode_result.shp"

arcpy.GeocodeAddresses_geocoding(address_table, address_locator, 
                                 address_fields, geocode_result,
                                 'STATIC')
GeocodeAddresses (住所のジオコーディング) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python ウィンドウ スクリプトで GeocodeAddresses 関数を使用して、AGS 接続を介するサーバー ロケーターを使用した住所テーブルをジオコーディングする方法を示します。

import arcpy

# Set local variables:
address_table = r"C:\data\Atlanta.gdb\customers"
address_locator = r"C:\ags_connections\server_name.ags\Atlanta.GeocodeServer"
address_fields = "'Single Line Input' SingleLine VISIBLE NONE"
geocode_result = r"C:\outputs\geocode_result.shp"

arcpy.GeocodeAddresses_geocoding(address_table, address_locator,
                                 address_fields, geocode_result,
                                 'STATIC')
GeocodeAddresses (住所のジオコーディング) の例 3 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python ウィンドウ スクリプトで GeocodeAddresses 関数を使用して、ポータル ロケーターを使用した住所テーブルをジオコーディングする方法を示します。

注意:
お使いのポータルにあるロケーターを操作する場合は、ログインしていること、およびそのポータルが ArcGIS Pro でアクティブなポータルとして設定されていることを確認してください。 アクティブなポータル以外のポータルにあるロケーターにアクセスする場合は、SignInToPortal を使用して認証できます。

import arcpy

# Set local variables
address_table = r"C:\data\Atlanta.gdb\customers"
address_locator = "https://machinename.domain.com/server/rest/services/service_name/GeocodeServer/portal_item_name"
address_fields = ("\'Address or Place\' Address VISIBLE NONE;Address2 <None> VISIBLE NONE;Address3 <None> VISIBLE NONE;" +
                  "Neighborhood <None> VISIBLE NONE;City <None> VISIBLE NONE;County <None> VISIBLE NONE;" +
                  "State <None> VISIBLE NONE;ZIP ZIP <None> VISIBLE NONE;ZIP4 <None> VISIBLE NONE;" +
                  "Country <None> VISIBLE NONE")
geocode_result = r"C:\outputs\geocode_result.shp"

arcpy.GeocodeAddresses_geocoding(address_table, address_locator,
                                 address_fields, geocode_result,
                                 'STATIC')
GeocodeAddresses (住所のジオコーディング) の例 4 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python ウィンドウ スクリプトでは、GeocodeAddresses 関数を使用して、World Geocoding Service で住所テーブルをジオコーディングする方法を示します。

注意:
お使いのポータルにあるロケーターを操作する場合は、ログインしていること、およびそのポータルが ArcGIS Pro でアクティブなポータルとして設定されていることを確認してください。 アクティブなポータル以外のポータルにあるロケーターにアクセスする場合は、SignInToPortal を使用して認証できます。

import arcpy

# Set local variables
address_table = r"C:\data\Addresses.csv"

# Using the World Geocoding Service charges credits to the signed in account
address_locator = "https://geocode.arcgis.com/arcgis/rest/services/World/GeocodeServer/ArcGIS World Geocoding Service"
field_map = ("\'Address or Place\' Address VISIBLE NONE;Address2 <None> VISIBLE NONE;Address3 <None> VISIBLE NONE;" +
             "Neighborhood <None> VISIBLE NONE;City <None> VISIBLE NONE;Subregion <None> VISIBLE NONE;" +
             "Region <None> VISIBLE NONE;ZIP ZIP <None> VISIBLE NONE;ZIP4 <None> VISIBLE NONE;" +
             "Country <None> VISIBLE NONE")
geocode_result = r"C:\outputs\geocode_result.shp"

arcpy.GeocodeAddresses_geocoding(address_table, address_locator,
                                 address_fields, geocode_result,
                                 'STATIC')

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック