精度評価ポイントの更新 (Update Accuracy Assessment Points) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

Image Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

参照ポイントを分類済み画像と比較するには、属性テーブルの Target フィールドを更新します。

精度評価は既知のポイントを使用して、分類モデルの有効性を評価します。

使用法

  • 精度評価ポイントを表すフィーチャクラスの属性テーブルを更新します。[精度評価ポイントの作成 (Create Accuracy Assessment Points)] ツールを使用してフィーチャクラスを作成した場合、[GROUND_TRUTH] と [CLASSIFIED] のフィールドが作成されます。このツールは、参照データから開始して分類済み出力を比較したり、分類済み出力から開始して参照データを比較したりできます。

    これら 2 つのフィールドは、[混同行列の計算 (Compute Confusion Matrix)] ジオプロセシング ツールを使用して比較されます。

  • 一連のポイントを変更または識別する場合、[GROUND_TRUTH] フィールドを手動で更新できます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスターまたはフィーチャクラス データ

入力分類画像またはその他の主題 GIS の参照データ。 入力は、ラスターでもフィーチャクラスでもかまいません。

典型的なデータは、シングル バンド、整数データ タイプの分類画像です。

ポリゴンを入力として使用している場合、トレーニング サンプルとして使用されていないポリゴンのみを使用します。シェープファイルまたはフィーチャクラス形式の GIS 土地被覆データも使用できます。

Raster Layer; Mosaic Layer; Feature Layer
精度評価ポイントの入力

更新する精度評価ポイントを提供するフィーチャクラス。

この入力にあるすべてのポイントは更新される出力フィーチャクラスにコピーされ、入力ラスターまたはフィーチャクラスのデータから [ターゲット フィールド] が更新されます。

Feature Layer
精度評価ポイントの出力

精度評価のために更新されたランダム ポイント フィールドを含む出力ポイント フィーチャクラス ファイル。

Feature Class
ターゲット フィールド
(オプション)

入力データが分類済み画像とグラウンド トゥルース データのどちらであるかを指定します。

  • 分類入力は分類済み画像です。 これがデフォルトです。
  • グランドトゥルース入力は参照データです。
String

UpdateAccuracyAssessmentPoints(in_class_data, in_points, out_points, {target_field})
名前説明データ タイプ
in_class_data

入力分類画像またはその他の主題 GIS の参照データ。 入力は、ラスターでもフィーチャクラスでもかまいません。

典型的なデータは、シングル バンド、整数データ タイプの分類画像です。

ポリゴンを入力として使用している場合、トレーニング サンプルとして使用されていないポリゴンのみを使用します。シェープファイルまたはフィーチャクラス形式の GIS 土地被覆データも使用できます。

Raster Layer; Mosaic Layer; Feature Layer
in_points

更新する精度評価ポイントを提供するフィーチャクラス。

この入力にあるすべてのポイントは更新される出力フィーチャクラスにコピーされ、入力ラスターまたはフィーチャクラスのデータから target_field が更新されます。

Feature Layer
out_points

精度評価のために更新されたランダム ポイント フィールドを含む出力ポイント フィーチャクラス ファイル。

Feature Class
target_field
(オプション)

入力データが分類済み画像とグラウンド トゥルース データのどちらであるかを指定します。

  • CLASSIFIED入力は分類済み画像です。 これがデフォルトです。
  • GROUND_TRUTH入力は参照データです。
String

コードのサンプル

UpdateAccuracyAssessment (精度評価ポイントの更新) の例 1 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、精度評価に使用されるポイントを更新します。

import arcpy
from arcpy.sa import *

arcpy.gp.UpdateAccuracyAssessmentPoints("aapnt1.shp", "grndtru.tif", "aapnt2.shp", "GROUND_TRUTH")

環境

このツールは、ジオプロセシング環境を使用しません。

関連トピック