フィルター (Filter) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

ラスターでスムージング (ロウ パス) またはエッジ強調 (ハイ パス) を実行します。

[フィルター (Filter)] ツールの詳細

使用法

  • [ロウ パス] フィルター オプション (Python の LOW) は、平均化 (スムージング) フィルターです。 [ハイ パス] フィルター オプション (Python の HIGH) は、エッジ強調フィルターです。

  • フィルター近傍内のセルのうち最低 1 つが有効な値を持つ場合、[計算時に NoData を除外] オプションをオンにすると (Python で ignore_nodataNODATA に設定)、入力 NoData セルは、出力に値を受け取る場合があります。

  • [フォーカル統計 (Focal Statistics)] ツールを使用して、仕様に合わせたカスタム フィルターを作成できます。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター

フィルター処理を実行する入力ラスター。

Raster Layer
フィルターのタイプ
(オプション)

実行するフィルター処理のタイプ。

  • ロウ パスロウ パス 3 x 3 フィルターをラスターにかけます。 このオプションにより、入力ラスター全体がスムージング処理され、特異セルの特異性が低下します。 これがデフォルトです。
  • ハイ パスハイ パス 3 x 3 フィルターをラスターにかけます。 このオプションにより、ラスター内の抑制されたフィーチャのエッジが強調されます。
String
計算時に NoData を除外
(オプション)

フィルター計算で NoData 値を無視するかどうかを示します。

  • オン - フィルター内に NoData 値が存在する場合、NoData 値は無視されます。 出力値の計算に、データ値を持つフィルター内のセルだけを使用します。 これがデフォルトです。
  • オフ - フィルター内に NoData 値が存在する場合、処理セルの出力は NoData になります。 このオプションを選択した場合、NoData 値が存在すると、近傍の統計値を決定するのに十分な情報がないことを意味します。
Boolean

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

フィルター処理後の出力ラスター。

出力は常に浮動小数点になります。

Raster

Filter(in_raster, {filter_type}, {ignore_nodata})
名前説明データ タイプ
in_raster

フィルター処理を実行する入力ラスター。

Raster Layer
filter_type
(オプション)

実行するフィルター処理のタイプ。

  • LOWロウ パス 3 x 3 フィルターをラスターにかけます。 このオプションにより、入力ラスター全体がスムージング処理され、特異セルの特異性が低下します。 これがデフォルトです。
  • HIGHハイ パス 3 x 3 フィルターをラスターにかけます。 このオプションにより、ラスター内の抑制されたフィーチャのエッジが強調されます。
String
ignore_nodata
(オプション)

フィルター計算で NoData 値を無視するかどうかを示します。

  • DATAフィルター内に NoData 値が存在する場合、NoData 値は無視されます。 出力値の計算に、データ値を持つフィルター内のセルだけを使用します。 これがデフォルトです。
  • NODATAフィルター内に NoData 値が存在する場合、処理セルの出力は NoData になります。 このオプションを選択した場合、NoData 値が存在すると、近傍の統計値を決定するのに十分な情報がないことを意味します。
Boolean

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

フィルター処理後の出力ラスター。

出力は常に浮動小数点になります。

Raster

コードのサンプル

Filter (フィルター) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、ハイ パス フィルターを入力ラスターに適用しています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
filterOut =  Filter("elevation", "HIGH", "DATA") 
filterOut.save("C:/sapyexamples/output/filtered")
Filter (フィルター) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、ロウ パス フィルターを入力ラスターに適用しています。

# Name: Filter_Ex_02.py
# Description: Performs a preset focal filter on a raster. 
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inRaster = "elevation" 

# Execute Filter
filterOut =  Filter(inRaster, "LOW", "") 

# Save the output 
filterOut.save("C:/sapyexamples/output/filterout")

関連トピック